召しませ?U.S.CPA

元U.S.CPAを目指して・・・ 受験生、合格者が有意義な場所を目指して新装開店! CPAの勉強論点やTopicをA la carteでどうぞ♪

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ノーリスク&確実なリターンの儲け話とは?


昨日の続きです。


さて、世の中には金利と言うものが存在するため「今の100万円」と「10年後の100万円」は価値が違うということを昨日お話ししました。


仮に、今金利が5%だったとしましょう。

今手元にある100万円を銀行に10年預けておくと

1年目 100×1.05=1.05
2年目 105×1.05=110.250
3年目 ・
・   ・ 
・   ・
10年目 155.133×1.05=162.889

10年後には162万円にもなっているのです。



では、10年後の100万円を今の価値に直すといくらになるでしょう?
100万円を金利で割っていけば答えは出ますね。

1年目 100÷1.05=95.238
2年目 95.238÷1.05=90.703
・   ・ 
・   ・
・   ・
10年目 64.461÷1.05=61.391


10年後の100万円は現在の価値にすると61.391万円にしかならないことが分かります。

つまり61.391万円を10年間銀行に入れておくと100万円になると言うことですね。



さて、このからくりを使うと実はとある通販で儲かることが出来ます。
それは、かの有名な「ジャパネットたかた」です。

「ジャパネットたかた」のウリとは何でしょう?


もちろん安いこともウリの1つであるでしょうが、一番のウリは「金利、手数料」を負担してくれると言うこと。


たとえば、今あなたが100万円のお買い物を「ジャパネットたかた」でしたとしましょう。

普通、ローンなんて組みたいくないから、手持ちに余裕があったら現金で買っちゃいますよね。
でも、考えてみてください。

「金利と手数料」を負担してくれると言うことは、「ローンで買っても現金で買っても総額は同じ」と言うことです!


それなら、なるべくローンの返済期間を長くしたほうがお得なのはなんとなく分かりますよね?


えっ、混乱してるって?

じゃあ、どの位違うのか見てみましょう


100万円を現金一括で買った場合
今必要な現金:100万円


100万円を年10万円ずつ支払いの10年ローンにした場合。
銀行残高xx円の動き
1年目 銀行残高xx円-10万円
2年目 (銀行残高xx円-10万円)×1.05-10万円
3年目 2年目の銀行残高×1.05-10万円
・   ・ 
・   ・
・   ・
10年目 9年目の銀行残高×10.5=10万円 となるわけです。
(10年目は9年目の銀行残高に金利の1.05をかけた金額が最後の支払いの10万円になればいいということです)
上の表を逆算すると1年目には810,782円の銀行残高があればいいということになります。


これすなわち、10年のローンで組んだ場合、あなたは銀行に810,782円を入れておけば10年後には100万円の支払いが金利のマジックによって達成されていると言うことですね。


上記の場合だと19万円も得できちゃうのですね



「ジャパネットたかた」はこんなサービスをしていても大丈夫なんですから余裕あるんですね。。。


注)・実際には月払いのためもっと計算は複雑です。
  ・「ジャパネットたかた」の最高ローン長は72回でした
  ・金利手数料無料=ローンと現金一括の値段が同じ、と言う前提で設定しています。
スポンサーサイト

コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
http://since14thdec2005.blog41.fc2.com/tb.php/52-6ff3b80f
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。