召しませ?U.S.CPA

元U.S.CPAを目指して・・・ 受験生、合格者が有意義な場所を目指して新装開店! CPAの勉強論点やTopicをA la carteでどうぞ♪

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

先日、メールにてご質問を頂いたのだがエラーでメールが帰ってきちゃうので、ここで回答&ご紹介させていただきますね。

テーマは、Life insuranceです。

このテーマは、以前から書こうと思っていたテーマなので実にちょうど良いです。
というのも、各予備校のテキストも説明が不十分ですし、CPA forumでも間違った議論がよくされています。

皆さん、Life insuranceについてはこう思っていませんか?

-------========================================
Life insurance premiumは『控除できない』
Death benefitは『Nontaxable』
-------========================================

ほんとうですか?
まあ、問題で出てくる80%ぐらいはこの考え方で対応できるでしょうが、上の考え方には隠れた前提があることを結構知らない人が多いです。
その前提によっては、上の考え方が崩れることもありますよ。

どんな前提かは、自分で見つけてください(笑)

と言いたいところですが、それも意地悪なので来週にでも書きます。
週末は悩んでみてください。
まあ、そんな大それた前提じゃなくて「そんなの知ってるよ」っていわれるかもしれませんが・・・

と、ここで本題のMailでの質問。

>Life Insurance についてですが、self-employed の方の場合、自身にかけたLife InsuranceのPremium はTax Retun 上でdeductできるのでしょうか?
この場合、1040に添付するschedule Cで控除が出来ます。(Business Expenseという意味です)
余力のある方は、受取人が奥さんだったというケースで、保険金を受取るときにForm1040、Schedule Cでどのように取り扱うのか考えてみてください。
受け取りはややこしいので、一括で全額受取るということにしましょう。

>またCorp.の場合で、雇用主負担の医療保険や健康保険のpemiumを支払う場合、従業員は非課税だと思いますが、会社もその払った保険料を1120で控除できますか?
控除できます。

>さらに、$50,000までの団体生命保険の保険料も従業員にとって非課税だと思いますが、会社も1120で控除できますか?
上の場合と同様です。

ほんとうは、もう少し付け足した内容で回答していますが、それだと先の「隠れ前提」について触れてしまうので
それは、来週(笑)

see you!
スポンサーサイト

コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
http://since14thdec2005.blog41.fc2.com/tb.php/495-a6cdb759
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。