召しませ?U.S.CPA

元U.S.CPAを目指して・・・ 受験生、合格者が有意義な場所を目指して新装開店! CPAの勉強論点やTopicをA la carteでどうぞ♪

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

AUDIT学習者からの質問で一番多いのが、「様々なReportingをどうやって暗記するか?」である。
いま、CPAのSNSでも話題に上がっているが、残念ながら私はSNSにアクセスできないので
こちらで私の考えを書きたいと思う。

Unqualified、qualify、adverseなどにとどまらず、状況に応じてたくさんのREPORTがある。
Reportingは結構頻出問題であり、暗記していれば点数の取りやすいところなので
皆さんが、暗記しようと言う意気込みも分かるが、敢えて言うなら暗記しなくてもいいと思う。

よく合格者の中には、「ソラで言える位毎日音読をして暗記をしました」という人も居ますが
たぶん、現役のCPAでも諳んじることが出来る人はそう居ないと思いますし、暗記する必要は無いでしょう。
私は、1つとて諳んじることは出来なかったですが、Reportingは得意でした。

Reportingで大事なのは、文を暗記するのではなくパラグラフの意味をしっかりと理解することです。

基本的な、Unqualifyed opinionでは
1、Intro
2、Scope
3、Opinion
4、Explanately
と言う形になっていますが、各パラグラフではどういうことが書いてあるのか、書かれるべきなのか
というようなパラグラフの性質をしっかりと理解することが大事です。
この性質がしっかりと理解できていれば、ごりごり全文を暗記する必要も無いでしょう。
第一暗記すると言っても実際の試験は様々なパターンが組み合わさってきますから、暗記したのがそのまま使えるとは限りません。
「前任監査人がopinionをreisueしてくれなくて、other auditorの意見に依拠してreportしたくて、会計原則の変更が当期にあって、going concernが疑われてて、前年度のopinionはadverseだったけどクライアントは今年度に去年のF/Sを直してて」
こんな状況のときの例文なんて見たことないし、暗記なんて現実的じゃないです。
めちゃくちゃ長いreportになりそう・・・・

こういうreportを考える際は、
『前任監査人がopinionをreisueしてくれないと言うことは、ソレに伴って○○と■■と△△を書か必要があるな。
この内容は、★★のパラグラフに書くのが適切だな。』という感じで作文していきます。
もちろん、どういった内容を書く必要があるというのは覚える必要がありますが、文を丸まる暗記するのから比べれば全然手のかかる作業ではありません。

Reportingで手間取っている方は参考にしてみてください。
スポンサーサイト


構造からreportingを考えるという勉強も面白そうですね。試してみます。
2007/12/19(水) 12:42:39 | |kiki8795 #/IGDrOv6[ 編集]
酒造技能士
酒造技能士とは、職業能力開発促進法に基づいて、厚生労働省・都道府県、およびその委託を受けた職業能力開発協会が実施する酒造技能検定試験の合格者に与えられる称号 http://credit.ellingtonrecords.com/
2008/12/14(日) 09:55:58 | |酒造技能士 #-[ 編集]
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
http://since14thdec2005.blog41.fc2.com/tb.php/488-debe0a1c
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。