召しませ?U.S.CPA

元U.S.CPAを目指して・・・ 受験生、合格者が有意義な場所を目指して新装開店! CPAの勉強論点やTopicをA la carteでどうぞ♪

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

20070928130120
CPAnet formのページを見ていても、やはり公会計の収益認識基準は難解なようである。
ネイティブでも大分苦労している感じ。

というわけで、今回はGovernmental AccountingにおけるFund accounting下での収益認識について。
上の、三角の図は以前「政府会計攻略ノート」と題して作成したときに掲載した図と同様である。

Fund会計では、収益(Revenue)を認識する際に考慮することが多いため難解になっている。
また、ドノ参考書、テキストにおいても個々の論点をばらばらに論じているため全体感を掴むの難しい。
しかし、実は基本的に収益を認識するポイントで気をつけるべきことは4つの段階があることだけである。
以下英文はGASB summary of statement №33より引用。

★Step1 Exchange Transactionsか? Nonexchange Transactionsか?
ここにおいてのReporting Entityは当然ながら役所や政府と言ったものを対象としているが
政府における財源は、財産税・住民税と言った「Nonexchange Transactions」か
許認可業務などのような「Exchange Transactions」に大別される。
分かりやすく言えば、私ら一般市民が「何かのサービスの見返り」としてお金を払っているのか、いないのか?
である。
何かの見返りであるならば、Exchange Transactionsであり、
見返りに対するものでなければNonexchange Transactionsである。
CPAとしてライセンス登録をする際には、自分の州にいくらかライセンス登録料を支払うとしたら
それはExchange Transactionsである。

Exchange Transactionsの場合、収益の認識ポイントはCash Basisの考え方である。
窓口で、許認可料金が支払われたときに収益を認識するのである。
まあ、認可を受けたい人が窓口に支払に来るまで、そのライセンスを発行するのかどうか分からないので
Cash Basisが適当なのは直ぐに分かると思います。

Nonexchange Transactionsの場合はStep2へ。

★Step2 どのクラスか?
GASBにおいてNonexchange Transactionsは次の4つのクラスに大別されます。

1、Derived tax revenues, which result from assessments
imposed on exchange transactions
(for example, income taxes, sales taxes, and other assessments on earnings or consumption)

2、Imposed nonexchange revenues, which result from assessments imposed on nongovernmental
entities, including individuals, other than assessments on exchange transactions
(for example, property taxes and fines)

3、Government-mandated nonexchange transactions, which occur when a government
at one level provides resources to a government at another level and requires the recipient
to use the resources for a specific purpose
(for example, federal programs that state or local governments are mandated to perform)

4、Voluntary nonexchange transactions, which result from legislative or contractual agreements,
other than exchanges, entered into willingly by the parties to the agreement
(for example, certain grants and private donations).

★Step3 収益の認識ポイントの基本はどこか?
上で4つのクラスに別れましたが、各クラスで収益の認識ポイントの基本的な考え方は以下の通りです
ここでは、上の3、4が一緒の考え方です。
あくまでも、基本ポイントでありStep4の制約を受けるのに注意が必要です。

□Derived tax revenues
- Revenues-when the underlying exchange transaction occurs. (On the modified accrual basis of accounting, revenues should be recognized
when the underlying exchange has occurred and the resources are available.)
Resources received before the underlying exchange has occurred should be reported as deferred revenues (liabilities).

□Imposed nonexchange revenues
- Revenues-in the period when use of the resources is required or first permitted by time requirements
(for example, for property taxes, the period for which they are levied),
or at the same time as the assets if the government has not established time requirements.
Resources received or recognized as receivable before the time requirements are met should be reported as deferred revenues.
(For property taxes on the modified accrual basis, governments should apply NCGA Interpretation 3, as amended.)

□Government-mandated and voluntary nonexchange transactions
- Revenues (recipients) and expenses/expenditures (providers)-when all applicable eligibility requirements are met.
(On the modified accrual basis, revenues should be recognized when all applicable eligibility
requirements are met and the resources are available.) For transactions in which the provider requires
the recipient to use (sell, disburse, or consume) the resources in or beginning in the following period,
resources provided before that period should be recognized as advances (providers) and deferred revenues (recipients).
For transactions, such as permanent or term endowments, in which the provider stipulates
that resources should be maintained intact in perpetuity, for a specified number of years,
or until a specific event has occurred, resources should be recognized as revenues
when received and as expenses/expenditures when paid.

★Step4 各収益の認識ポイントは次の制約を満たしているか?

1、Time requirements specify (a) the period when resources are required to be used
(sold, disbursed, or consumed) or when use may begin
(for example, operating or capital grants for a specific period) or
(b) that the resources are required to be maintained intact in perpetuity or
until a specified date or event has occurred (for example, permanent endowments,
term endowments, and similar agreements).
Time requirements affect the timing of recognition of nonexchange transactions.

2、Purpose restrictions specify the purpose for which resources are required to be used.
Purpose restrictions should not affect when a nonexchange transaction is recognized.
However, governments that receive resources with purpose restrictions should report resulting net assets,
equity, or fund balance as restricted (or a reservation of fund balance for governmental funds).

3、Availability
公会計において、当期に支出に収入が間に合うか?という考え方は非常に重要で
その考え方を突き詰めたのが、Modified Accrual basisであると私は思っていますが、
その修正発生主義下では、年度末から60日以内であれば支出に対して間に合うでしょうというふうに考えられています。

上記4Stepの関係を図で示したのが最初の図です。
以上4Stepをクリアしたポイントが収益の認識ポイントになります。
こう見ると、そんなに難しくないでしょ?
実際に色々と問題を見てみることをお勧めします。
スポンサーサイト

コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
http://since14thdec2005.blog41.fc2.com/tb.php/463-eec3d471
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。