召しませ?U.S.CPA

元U.S.CPAを目指して・・・ 受験生、合格者が有意義な場所を目指して新装開店! CPAの勉強論点やTopicをA la carteでどうぞ♪

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

皆さん既に多くの方がご存知のように、この7-8月のTest WindowからAuditの監査基準が変更になる。

そこで、今回から数回にわたってこの違いの紹介と、問題を解く上での従来との違いを見て行きたいと思う。

さて、今回の監査基準の変更は「Risk Assessment Standards」と呼ばれていて、新たにSAS104-SAS111が追加及び修正された。
http://www.aicpa.org/Professional+Resources/Accounting+and+Auditing/
Audit+and+Attest+Standards/Risk+Assessment/
上のAICPAのサイトからより詳細な情報が閲覧できる。

まず、試験への影響についてだが「問題文の前提が変わる」と言うところに注意しなくてはいけない。
というのも、今回の「Risk Assessment Standards」はNon-Public Companyを対象とした基準である。
ここで、よく思い出して欲しい。
“The Sarbanes-Oxley Act of 2002”が適用以後、建前上Public CompanyはPCAOB基準を使うことになっている。
Interim Standardsと言う形でSASをまだ使ってはいるが、一応試験上では表立ってSASという形では問われていない。
従来のテストでは、問題文に特に断り書きが無い場合、前提としてPublic Company(PCAOB基準)で問われていて、
文中にNon-Public Companyを示唆している場合はSAS基準での回答が求められていた。
だが、今回の「Risk Assessment Standards」でこの前提がひっくり返ったようだ。
今後は、何も書いていない場合は前提としてNon-Public Company(SAS)で回答することが求められ、]
文中にSOX適用や、Public-Companyという注意が入っている場合その問題はPCAOB基準での回答が求められるようだ。
この隠れ前提は、問題を解く上で大事なことなので十分に注意をしておく必要があるだろう。

つづく
スポンサーサイト

これはいい情報ですね。
SECやPCAOBの経験がNonPablicより多い私にはいい情報です。
KojiさんのAuditRisk..のところ、一杯間違ってしまったみたいです。。。次の8月頑張ります。Audit Risk消さないでくださいね。一つ一つ確実にCPA試験用の勉強頑張ります!!

Mac-Berry
2007/07/03(火) 13:34:51 | |Mac-Berry マクベリー #-[ 編集]
>マクベリーさん
ざっと見る限り本筋は余り変わっていない気がしますので、そんなにビビる必要も無のかな?というのが私の感想です。
まあ実際に試験を受けてみたわけじゃないので何とも言えない部分はありますが
2007/07/09(月) 08:48:54 | |KOJI #t9f6bHoE[ 編集]
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
http://since14thdec2005.blog41.fc2.com/tb.php/431-eb3a6c11
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。