召しませ?U.S.CPA

元U.S.CPAを目指して・・・ 受験生、合格者が有意義な場所を目指して新装開店! CPAの勉強論点やTopicをA la carteでどうぞ♪

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

よく、CPAは1000時間の勉強時間で受かると言われてます。
でも、皆さん始めてみると1000時なんか、とっくに通り超えて2000時間3000時間と言うのも珍しくありません。

参考までに、私の勉強時間を試算してみると

平日3~4h
土日8~12h
断れない飲みなどで勉強できない日が月に1,2度あるとして
大体、月130時間ほど。
130時間×16ヶ月=2080時間
たぶん、祝日等の関係でもう少し多いと思うが大体トータルで2100時間ぐらいと言ったところだ。

私が、USENの説明会に行ったときは
平日1.5h
土日6h
の勉強時間で年間1000時間達成できます。
と言われた。
もし、USENの説明のように1000時間で受かるなら1年で合格できるように聞こえてしまう。
でも、実際問題としてUSENの授業を一通り聞いて受験要件の単位を満たすのに9ヶ月以上かかる。
そこから出願すると、一番早くても受験できるのは勉強をスタートしてから13ヶ月以上経ってからだろう。
アメリカ処理遅いし、色々な申請が必要だからね。。。
でも、実はUSENのプランどおりに勉強して単位を揃えるとしたら、それだけで9ヶ月1170時間かかっていることになる。
私は思うに、1000時間と言うのはゼロからの人が1000時間で受かると言うのではなく
受験するに足りるレベルの人が1000時間勉強すれば受かると言うのではないのか?と思う。
単位も全部そろえ、本番の試験を意識して出願したその日から1000時間。
Audit Firmに勤めていてAccountingは普段から触れていると言う人が今日から始めて1000時間。
そう考えると1科目250時間(約2ヶ月)なので、要領の良い人は受からなくも無いだろう。
ただ、これにはもう1つ落とし穴があるような気がします。
それは、英語がある程度難なく読めるということ。
私みたいに、英語で最後まで苦しむ人は1.5倍ぐらいを見積もったほうがよさそうです。

CPA受験生の間で言われている1000時間論争。
私は最近こんな感じだと思うようになりました。
これだと、強ち嘘ではない。
まあ、どこもゼロからの人が1000時間で受かるような言い方をしているので誇大広告ではあるでしょうが・・・
スポンサーサイト

コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
http://since14thdec2005.blog41.fc2.com/tb.php/428-d3cc44e6
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。