召しませ?U.S.CPA

元U.S.CPAを目指して・・・ 受験生、合格者が有意義な場所を目指して新装開店! CPAの勉強論点やTopicをA la carteでどうぞ♪

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いよいよ出発まで、あと8日となった。
ゆっくりとしっかり勉強できるのも、この土日が最後。
今から何処をどうチェックするか考えておかないと、時間を浪費してしまう。

私は、実質的な勉強時間は出国までとしている。
飛行機に乗って、外国に行くということは予期できないリスクも多々あるだろう。
そんななかで現地での勉強時間も当てにするのは多分にリスクが伴う。
現地ではまったく勉強できない、ということになっても良いような心持で準備していくほうが良いだろう。

「こことここは現地で確認しよう」

とか、事前に決めておくのは良いが
それでも最後のチラッと見程度の心持で、日本でもちゃんと対策はしておくべきである。

『試験勉強は、何処までやっても十分というわけではない』
という意見はもっともで、私も同感であるが
とは言っても、限られた時間でやりくりしていくからにはそれなりの時間の使い方というものがあるだろう。
時間が無いなら無いなりの勉強方法というものもある。
ようは、計画をちゃんと立てているかということだ。
社会人をやりながら勉強している人も多いこの資格では、細かい隙間の時間を如何にうまく使って勉強するのかが大事。

『試験勉強は競争じゃない』
この言葉は誤解している人が多いが、試験勉強は間違いなく競争だ。
だが競争相手がいわゆる「競争」とは違う。
相手は、周りの友達でもライバルでもなく「自分の目標」である。
みんな受験勉強を始めようと思ったときに無意識に「いついつまでに終わらせよう」
と思ったはずだ。
その時点から、その目標との競争は始まっている。
相手は容赦なく休み無く突き進む。
「ウサギと亀」で言うなら、相手は真面目で足の速い「亀」で、私たちはやっぱり怠ける「ウサギ」だ。
たまに、自分の目標時間を決めないで、漠然と合格を目指して勉強している人が居るが
これは出来るだけ避けたほうが良い。
期限の無い仕事は後回しにされがちのように、自分の中で目標期限を決めないと後手後手に回る可能性が大だ。

ちなみに私の目標は18ヶ月だった。
勉強開始を2006年1月からと考えて、18ヶ月という壁はもうすぐそこまで来ている。

はるか先を行く亀を追い抜くことが出来るのかは残り2ヶ月ほどにかかっている。
スポンサーサイト

コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
http://since14thdec2005.blog41.fc2.com/tb.php/374-b822865c
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。