召しませ?U.S.CPA

元U.S.CPAを目指して・・・ 受験生、合格者が有意義な場所を目指して新装開店! CPAの勉強論点やTopicをA la carteでどうぞ♪

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2回目の今回は、先ず基本的な用語を抑えることから入りたいと思います。
前回ご紹介したAICPAのサンプル問題では各シチュエーションごとに
・Increase Inherent Risk(IR)
・Decrease Inherent Risk
・Increase Control Risk(CR)
・Decrease Control Risk
・Increase Detection Risk(DR)
・Decrease Detection Risk
・No Impact
上記7つの選択肢から答えを選ばせる形です。
ただ、問題を見ていると同じようなシチュエーションでそれが
・Fraud Risk Factorなのかどうか?
といったことも聞かれている場合があります。
というわけで、本コーナーでは今後
・そのシチュエーションは"Fraud Risk Factorなのか?"
・そのシチュエーションは"Audit Risk"を上昇/減少させるのか?
・"Audit Risk"に変化がある場合、IR,CR,DRのどれが変化しているのか?
以上3つを解説を交えて、考えて行きたいと思います。
また、皆様の活発な意見等お待ちしております。



まず、具体的な問題に入る前に基本的な用語の意味をしっかりと抑えましょう。
実際の問題や、GLEIMやワイリー等の問題は相当ひねってあってしっかり勉強したつもりでも聞いたことの無いような論点がポッと出てくることがあります。
正確には、「聞いたこと無い=知らない」のではなく「別の側面から聞かれているため対称論点が見えていない」という感じでしょう。
そのためにも、基本的な用語の意味をチャンと抑えておくことは重要です。
また、AUDITは他の科目に比べてきわめて英語力のウェイトが高いため、たまに日本の会計士用の参考書を参照する方もいらっしゃいますが、それは危険かもしれません。
基本的な考え方は同じといえども、細かい論点で判断が違う場合があるかもしれません。
U.S.CPAのAUDITを勉強する私達としては「SAS」が絶対であり「SAS」に何がどう書いてあるかが判断材料の全てです。
その意味でも、なるべく「SAS」を引用して行きたいと思います。

それでは、「Audit Risk」から
****************************************************
Audit risk is the risk that the auditor may unknowingly fail to appropriately modify his or her opinion on financial statements that are materially misstated. (AU312.02)
****************************************************
AU312.02によると「Audit Risk」はmaterially misstatedなF/Sに対して意見を修正できないriskと定義されています。

一方よく問題で引き合いに出される「Fraud Risk Factor」を次に見て見ましょう。
****************************************************
Fraud risk factors do not necessarily indicate the existence of fraud; however, they often are present in circumstances where fraud exists.(AU316A.30)
****************************************************
AU316A.30によると「Fraud Risk Factors」はそれ自身Fraudの存在を示唆するわけでないが、Fraudが存在する状況の時には見られることもある。という感じで定義されてます。

この2つの意味の違いはこの後とても大事です。
なぜなら、1つのシチュエーションに対して、「Audit Risk」「Fraud Risk Factors」の両方の観点から考えた場合、必ずしも一致するとも限らないからです。
たとえば、

・"High turnover of Controler"は「Fraud Risk Factors」ですか?
と聞かれれば、「Fraud Risk Factors」であると皆さん思うだろう。
一方
・"High turnover of Controler"は「Audit Risk」を上昇・減少させるか?
と聞かれれば、上昇させると思うでしょう。
両者、「Audit Risk」「Fraud Risk Factors」は非常に似通った形で問題に出てくることが多く、また「Audit Risk上昇」=「Fraud Risk Factorsである」という状況も多いため混同されがちですが、その意味しているところは違います。
具体的な問題を交えた考慮は次回以降に見ていきたいと思います。

それでは、残りの「Inherent Risk」「Control Risk」「Detection Risk」について定義を確認しておきましょう。

****************************************************
Inherent risk is the susceptibility of an assertion to a material misstatement, assuming that there are no related controls. The risk of such misstatement is greater for some assertions and related balances or classes than for others. For example, complex calculations are more likely to be misstated than simple calculations. Cash is more susceptible to theft than an inventory of coal. Accounts consisting of amounts derived from accounting estimates pose greater risks than do accounts consisting of relatively routine, factual data. External factors also influence inherent risk. For example, technological developments might make a particular product obsolete, thereby causing inventory to be more susceptible to overstatement. In addition to those factors that are peculiar to a specific assertion for an account balance or a class of transactions, factors that relate to several or all of the balances or classes may influence the inherent risk related to an assertion for a specific balance or class. These latter factors include, for example, a lack of sufficient working capital to continue operations or a declining industry characterized by a large number of business failures.(AU312A.27.a)
****************************************************

****************************************************
Control risk is the risk that a material misstatement that could occur in an assertion will not be prevented or detected on a timely basis by the entity's internal control. That risk is a function of the effectiveness of the design and operation of internal control in achieving the entity's objectives relevant to preparation of the entity's financial statements. Some control risk will always exist because of the inherent limitations of internal control.(AU312A.27.b)
****************************************************

****************************************************
Detection risk is the risk that the auditor will not detect a material misstatement that exists in an assertion. Detection risk is a function of the effectiveness of an auditing procedure and of its application by the auditor. It arises partly from uncertainties that exist when the auditor does not examine 100 percent of an account balance or a class of transactions and partly because of other uncertainties that exist even if he or she were to examine 100 percent of the balance or class. Such other uncertainties arise because an auditor might select an inappropriate auditing procedure, misapply an appropriate procedure, or misinterpret the audit results. These other uncertainties can be reduced to a negligible level through adequate planning and supervision and conduct of a firm's audit practice in accordance with appropriate quality control standards.(AU312A.27.c)
****************************************************

非常に長い分ですが、ここのRISKについて具体例も上がっていますので目を通しておかれることをお勧めします。

それでは、次回は具体的な問題を見ていきたいと思います。

つづく...

★[AUDIT攻略] Audit Risk編 全9回★
<<          >>




スポンサーサイト
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
http://since14thdec2005.blog41.fc2.com/tb.php/315-7f58e75b
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。