召しませ?U.S.CPA

元U.S.CPAを目指して・・・ 受験生、合格者が有意義な場所を目指して新装開店! CPAの勉強論点やTopicをA la carteでどうぞ♪

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




さて、本日も「Basisを皆でやっつけよう!」のコーナーがやってきました。(微妙にタイトルが毎回違うのは内緒です)





本日は、今までの内容とは少し変わってDistribution時における

・受け取り側、
・渡した側

の処理を細かく見ていこうと思います。


間違っているところ、あいまいなところありましたら鋭い突っ込みお待ちしております。



んでは、まず今回のシチュエーションの確認からです。


A株主はB社からLANDの現物分配を受けました。

LANDは

BASIS:$10,000
FMV:$30,000
Mortgage:$xxx

な感じの土地です。


一方、AのStockの調整投資額(Basis)は$3,000です。




さて、この状況でMortgageの額を以下の3パターン設定して、どうなるか見てみましょう。

i)Mortgageが無い場合
ii)Mortgageが$5,000の時
iii)Mortgageが$16,000の時




本日、計算することは

・分配総額は?
・Aの課税額は? 非課税額は?
・Stockのbasisは?
・LandのBasisは?




はじめに申し上げて起きます。


今回のは、かーなーり面倒です。




んじゃ、i)の状況から考えて見ましょう。



i)Mが無い場合


・分配総額は?
分配総額を計算するときは、FMVを使用します。
これは、こう考えられますね。

Aにしてみれば、相手のbasisなんて知ったこっちゃありません。
もらったLANDの価値(FMV)が$30,000だったということが大事です。
つまり、今売れば$30,000になるということ。
ということは、$30,000を受け取ったのと同じことですね。


よって、分配総額は

$30,000 となります。


次に、Aの課税額、非課税額を見るわけですが

最初に調整CEPを計算します。


今、状況では

期首のAEPが▲7,000
期首のCEPが2,000 と与えられています。

netした額(E&P)は▲5,000となりますが

AEP、CEPの間にはこういうルールがありました。

「AEPがマイナスでCEPがプラスのときはnetしないで、CEPの範囲内で課税する。」


今、期首のCEPは2,000と黒字なため、このルールが適用されそうです。


そこで、調整CEPを計算することにします。


調整CEPは

期首のCEP + 分配物の時価評価益 で計算されます。

この場合、


$2,000(期首CEP) + $20,000(時価評価益30,000-10,000)=22,000 となります。



ここで、法人の分配時における課税・非課税の取り扱いを復習しておきましょう。


ep.gif



左の縦軸は分配総額を表しています。

今回だと$30,000ですね。


右側のカラフルな箱は、この分配総額の内訳を示しています。


まず第一に、分配された額はE&Pへ割り当てられます


今回の例では、調整CEPの$22,000が該当します。(AEP▲$7,000は含まないことに注意!!



株主Aは、このE&Pの範囲内で分配された額に対しては、通常所得として課税されます。


E&Pを0まで割り当てても、まだ分配額が残る場合は次に株式のBasisに割り当てます。
今回だと、$3,000が該当します。



この、Basisに割り当てられた分配額は資本不課税の原則により非課税の取り扱いを受けます。
つまり、投資の回収ですね。



これでも、なお分配額が残る場合はCapital Gainとして扱われます。




コレを今回のケースで纏めると

分配額は30,000
CEPの範囲内で22,000 課税
Basisの範囲内で3,000 は非課税の取り扱い
残り(30,000-22,000-3,000)5,000がCapital Gain扱い

StockのBasis:$0 ←分配額がBasisを食いつぶしたから
LANDのBasis:$10,000(もともとのbasis) + $20,000(時価評価替益)=$30,000(つまりFMV)




どうです?

めちゃめちゃ長かったでしょう??




最初なので、丁寧に解説したつもりですがいかがだったでしょう?
(特に図が懇親の出来!!)




多分、ここまで丁寧に1つずつ解説している参考書も無いと思います(笑)




次回は、Mortgageがある場合を見ていこうと思います。



ps.Basisを超えた、分の取り扱いについて多々疑問があるが、それは最後に言いたいと思います。
いや、処理が間違っているんじゃなくて「現実的にありえるの??」ってところで。
スポンサーサイト
ふむふむ・・・
ふむふむ・・・う~ん、あかん。忘れてる(汗)
それでも、ちょっぴり記憶に残っているので良しとしましょう。今でも何となく問題は解ける気が・・・する。
ちゃんと、1つずつ整理していかんとあきませんね。
2006/08/10(木) 10:33:25 | |Miehya #FnpVO.5o[ 編集]

>Miehya様
ぢつは、こんなに長々解説しましたが問題で出るのって「課税額はいくら?」とか「株式のBasisはどう変化しましたか?」ぐらいしか聞かれないんですよ。
なので、この後に解説予定のMortgageがある場合のケースは、答えを導き出すのに大分苦労しました。。
請うご期待!
2006/08/11(金) 10:15:07 | |KOJI #t9f6bHoE[ 編集]
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
http://since14thdec2005.blog41.fc2.com/tb.php/209-cd5fd651
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。