召しませ?U.S.CPA

元U.S.CPAを目指して・・・ 受験生、合格者が有意義な場所を目指して新装開店! CPAの勉強論点やTopicをA la carteでどうぞ♪

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

さて、ここ2週間ぐらいは勉強について全く書いていませんでした。



実は、全く勉強していなかったんですっ!!


















嘘です。

びっくりしました?



先日、過去の記事を読み返していた時気がついたんです。



勉強を始めたてのころ、勉強について書いていた時はとても活き活きしていたと。。


あのころは、毎日が新しい発見で記事を書いていても楽しかったなぁと。。




ところが最近はどうでしょう?



つらい、ねむい、難しい


コレばっかりです(笑)




反省します。。。







とはいえ、勉強のことを書かないとアクセス数も激減な為、ネタが無いため今日からは、また勉強について書いていきたいと思います。



題して、「魅せちゃいます。間違っているかもしれない、私の理解」


いきなり「間違っているかもしれない」と宣言してしまうあたりに私の人間の小ささが伺えます。




今は、税法と毎日格闘の日々です。



GLEIMを使用して勉強していることは過去の記事からもお分かりだと思いますが、AUD・REGを平行して進めていたはずなのにAUDは大分前に1週終わり、今はREG1本でやっています。



今日、法人所得税について勉強していて、いまさらですが自分の間違いに気がつきました。




税法を勉強していると、「法人はdouble taxation(二重課税)」という言
葉をよく聴きます。


二重課税とはなんぞや?という方のために少しご説明します。







法人(会社)は、法人の所得に対して法人税がかかります。

そして、私たちサラリーマン等は所得に対して個人所得税がかかります。



つまり、会社に入ってきたお金に法人所得税がかかり、私たちに給料が支払われた後に個人所得税という形で、さらに税金がかかるのです。

つまり、お客さんから入ってきたお金は、会社と個人の2段階で税金がかかっているのです。


コレを二重課税といいます。






はい、嘘です。




私は、今日まで二重課税について上記のように理解していました。




正確には、ちょっと(というか大分)違います。




法人は、所得に対して法人税が課せられます。(1段階目)

ココまでは先ほどと同じです。


法人は、法人税を支払った後の「税引き後利益」を株主に配当という形で還元します。



配当を受け取った、個人株主は自己の税金申告書上において、配当金も所得として申告します。

そして、配当金も含めた所得に対して個人所得税が課せられます。(2段階目)



どうやら、2重課税の話はDistribution(配当)が焦点の話のようです。。



ちなみに、日本は個人でもDRD(dividend receive deduction:受け取り配当金控除)があるため、2段階目の課税はされません。

つまり、受け取った配当金は課税所得の計算上でマイナスするんですね。








それにしも、ひどい間違えだ・・・





ps.今冷静に考えたら私たちに支払われた給料は、税引き前の所得から支払われているんだから1回目の課税もされていないじゃん・・


スポンサーサイト

お久しぶりです。
私もつらい、眠いばっかりですよ。
反省です。
でもつらい、眠いんだもん。
と開き直りです。
この開き直りもよくないですね。
また反省。
・・・・・って、ずっと繰り返していたら
「反省だけなら猿でもできる」
ですな。
2006/07/29(土) 22:26:02 | |love-jack #-[ 編集]

>らぶまん
私も反省の毎日です・・・
はやく、何もかも忘れて昼寝できる日が欲しいです。。
まあ、サルは動作だけで反省なんてしていませんかもよ??
動物って、落ち込むとかってあるんでしょうかね??
2006/07/30(日) 23:52:46 | |KOJI #t9f6bHoE[ 編集]
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
http://since14thdec2005.blog41.fc2.com/tb.php/198-b71971db
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。