召しませ?U.S.CPA

元U.S.CPAを目指して・・・ 受験生、合格者が有意義な場所を目指して新装開店! CPAの勉強論点やTopicをA la carteでどうぞ♪

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やっと、夏休みです(笑)
10月1日~10月5日までお休み。
もちろん前後の土日も休み。(やったあー)

来週一週間何しようかなー。
って、先立つものがない私としてはドコヘもいけそうにないのですが・・・
貧乏って敵だわ。

スポンサーサイト
20070928130120
CPAnet formのページを見ていても、やはり公会計の収益認識基準は難解なようである。
ネイティブでも大分苦労している感じ。

というわけで、今回はGovernmental AccountingにおけるFund accounting下での収益認識について。
上の、三角の図は以前「政府会計攻略ノート」と題して作成したときに掲載した図と同様である。

Fund会計では、収益(Revenue)を認識する際に考慮することが多いため難解になっている。
また、ドノ参考書、テキストにおいても個々の論点をばらばらに論じているため全体感を掴むの難しい。
しかし、実は基本的に収益を認識するポイントで気をつけるべきことは4つの段階があることだけである。
以下英文はGASB summary of statement №33より引用。

★Step1 Exchange Transactionsか? Nonexchange Transactionsか?
ここにおいてのReporting Entityは当然ながら役所や政府と言ったものを対象としているが
政府における財源は、財産税・住民税と言った「Nonexchange Transactions」か
許認可業務などのような「Exchange Transactions」に大別される。
分かりやすく言えば、私ら一般市民が「何かのサービスの見返り」としてお金を払っているのか、いないのか?
である。
何かの見返りであるならば、Exchange Transactionsであり、
見返りに対するものでなければNonexchange Transactionsである。
CPAとしてライセンス登録をする際には、自分の州にいくらかライセンス登録料を支払うとしたら
それはExchange Transactionsである。

Exchange Transactionsの場合、収益の認識ポイントはCash Basisの考え方である。
窓口で、許認可料金が支払われたときに収益を認識するのである。
まあ、認可を受けたい人が窓口に支払に来るまで、そのライセンスを発行するのかどうか分からないので
Cash Basisが適当なのは直ぐに分かると思います。

Nonexchange Transactionsの場合はStep2へ。

★Step2 どのクラスか?
GASBにおいてNonexchange Transactionsは次の4つのクラスに大別されます。

1、Derived tax revenues, which result from assessments
imposed on exchange transactions
(for example, income taxes, sales taxes, and other assessments on earnings or consumption)

2、Imposed nonexchange revenues, which result from assessments imposed on nongovernmental
entities, including individuals, other than assessments on exchange transactions
(for example, property taxes and fines)

3、Government-mandated nonexchange transactions, which occur when a government
at one level provides resources to a government at another level and requires the recipient
to use the resources for a specific purpose
(for example, federal programs that state or local governments are mandated to perform)

4、Voluntary nonexchange transactions, which result from legislative or contractual agreements,
other than exchanges, entered into willingly by the parties to the agreement
(for example, certain grants and private donations).

★Step3 収益の認識ポイントの基本はどこか?
上で4つのクラスに別れましたが、各クラスで収益の認識ポイントの基本的な考え方は以下の通りです
ここでは、上の3、4が一緒の考え方です。
あくまでも、基本ポイントでありStep4の制約を受けるのに注意が必要です。

□Derived tax revenues
- Revenues-when the underlying exchange transaction occurs. (On the modified accrual basis of accounting, revenues should be recognized
when the underlying exchange has occurred and the resources are available.)
Resources received before the underlying exchange has occurred should be reported as deferred revenues (liabilities).

□Imposed nonexchange revenues
- Revenues-in the period when use of the resources is required or first permitted by time requirements
(for example, for property taxes, the period for which they are levied),
or at the same time as the assets if the government has not established time requirements.
Resources received or recognized as receivable before the time requirements are met should be reported as deferred revenues.
(For property taxes on the modified accrual basis, governments should apply NCGA Interpretation 3, as amended.)

□Government-mandated and voluntary nonexchange transactions
- Revenues (recipients) and expenses/expenditures (providers)-when all applicable eligibility requirements are met.
(On the modified accrual basis, revenues should be recognized when all applicable eligibility
requirements are met and the resources are available.) For transactions in which the provider requires
the recipient to use (sell, disburse, or consume) the resources in or beginning in the following period,
resources provided before that period should be recognized as advances (providers) and deferred revenues (recipients).
For transactions, such as permanent or term endowments, in which the provider stipulates
that resources should be maintained intact in perpetuity, for a specified number of years,
or until a specific event has occurred, resources should be recognized as revenues
when received and as expenses/expenditures when paid.

★Step4 各収益の認識ポイントは次の制約を満たしているか?

1、Time requirements specify (a) the period when resources are required to be used
(sold, disbursed, or consumed) or when use may begin
(for example, operating or capital grants for a specific period) or
(b) that the resources are required to be maintained intact in perpetuity or
until a specified date or event has occurred (for example, permanent endowments,
term endowments, and similar agreements).
Time requirements affect the timing of recognition of nonexchange transactions.

2、Purpose restrictions specify the purpose for which resources are required to be used.
Purpose restrictions should not affect when a nonexchange transaction is recognized.
However, governments that receive resources with purpose restrictions should report resulting net assets,
equity, or fund balance as restricted (or a reservation of fund balance for governmental funds).

3、Availability
公会計において、当期に支出に収入が間に合うか?という考え方は非常に重要で
その考え方を突き詰めたのが、Modified Accrual basisであると私は思っていますが、
その修正発生主義下では、年度末から60日以内であれば支出に対して間に合うでしょうというふうに考えられています。

上記4Stepの関係を図で示したのが最初の図です。
以上4Stepをクリアしたポイントが収益の認識ポイントになります。
こう見ると、そんなに難しくないでしょ?
実際に色々と問題を見てみることをお勧めします。

ウチの母は、よく

「ただいま」



「おかえり」

を間違える。。。

「おかえりー、帰ったよ~」
逆です、お母様。。。

土曜日、こちらでも紹介させていただいたCPA懇親会に参加してきました。

総勢40名ほどの人数だったかな?
ほとんどが、幹事チームの知り合いで集めたというのだから凄いですねぇ。
ちなみに私は幹事では在りません。誤解してる人居るけど。。。
先々週の金曜日7日に実施された懇親会も幹事チームの人脈というのだから、ダブルでビックリです。
7日の方だって30人ほど居ましたよ?
さすがは幹事、というところです。

前回も、今回もですが最近やたらに質問されるのが
「KOJIさんって、一体何のお仕事しているのですか?」と、、、

まあ、初対面で相手の職業を聞くことは普通にあるだろうが、
「何のお仕事ですか?」の前に「一体」という枕詞が付いているのはどういうわけだ??
最初から疑いの目デスカ??

その質問を隣で聞いていた人は
Aサン:「まー、KOJIさんはカタギの人じゃないからね」
っっ!!
そういうこと私の事知らない人の前で言わないで下さい。。。
どーも、まっとうな仕事をしている人には見えないようで
ソレが悲しくもあり、ネタとして美味しそうでもあり複雑です。
「人は見た目が9割」というすばらしいタイトルの本がかつてありましたが
私は、皆様の期待を裏切っているのか、はたまた「その通り!」なのかは敢えて聞くのはやめときましょう(笑)

先日の、Simに公会計、LAWの追加の記事に関して、色々な方からお問い合わせいただいたので私も情報を確認してみました。

色々調べてみましたが、「CPA Examination Service」にも特に公表されておらず、次回から出ると確定情報として断言できる情報ではないようです。
ただ、今後「(次回以降から)出ないことも無い」というレベルでは話が出ているようで、既にSIMの対策問題集に織り込んでいる予備校などもあります。
いずれにせよ、全くでないという認識で受験して当日に面食らうより、「出るかもしれない」レベルの認識で受験しに行くほうがよさそうです。
個人的には、公会計もLAWも非常にテーマとしてはSIMとして出しづらい範囲だと思います。
狙われるとしたら、MCの延長線上のobjective typeかWritten Communicationだと思います。
どちらも、テキスト、MCの解説を読むときに関連トピックとの繋がりや相似、相違点を意識して理解することで対応できると思います。
是非、問題のSituationを丸暗記して勉強を進めるのではなく、論拠を理解して様々なテーマに対応できるような勉強を進めてみてください。

まあ、色々と憶測は飛び交っていますがあくまでもメインは既存のテーマだと思いますので、既存の範囲に注力すべきなのは言うまでもありません。

★★ USCPA交流会のお知らせ!! ★★

まだまだ余裕が在りますので申し込み期日を延ばしました!
みなさま奮ってご参加下さい♪

知人の合格者さんが、交流会を催すということで、ここで宣伝させてもらうことにしました!!
合格者も、勉強中の方も、これから始めようかな?と思っている方も、どんな人でもOK!
悩みや疑問を持ち寄って話すもよし。
分からない問題を合格者や監査法人で勤めている人にぶつけるもよし。
楽しみ方はソレゾレ。
皆様のご参加をお待ちしております。
というわけで、以下概略。


この度、USCPAの合格者・受験生、および財務経理・会計関係のお仕事に就かれている方々の交流を図ることを目的として、
懇親会を開催する事になりました。


今回は、平日(9/7:金)休日(9/15:土)の2回の開催を予定しております。

どちらか一方でも結構ですし、両日ご出席も大歓迎です。
(催しなどは特に考えておりません。参加者各自で自由にご交流いただければ幸いです。)

●平日の懇親会
日時 9月7日 金曜日 19時~(2時間程度)
場所 銀座

●休日の懇親会 uscpa@hotmail.co.jp
日時 9月15日 土曜日 18時~(2時間程度 6,000円前後)
場所 新宿


●参加の際のご連絡方法
大体の参加人数を早めに把握してお店を確定したいので、できましたら8月25日までに
以下のメールアドレスまでご連絡いただけますと幸いです。
詳細については追ってご連絡いたします。
連絡先
uscpa@hotmail.co.jp

いやー、最近試験の範囲が激動ですね。

次回10月11月のテストwindowから、公会計とLAWの範囲もSimulationに追加されるそうです。
公会計もLAWも範囲的にはめちゃくちゃい広いので、SIMの対策もとなると相当な時間数かかるかもしれませんね。
こんな感じじゃあ、BECにSimulationが導入されるのも時間の問題だなぁ、と思わずにはいられません。

こう、試験が激動すると元ANJOの方は厳しい戦いになるでしょうね。
試験情報も、対策も特にサポートが受けられないですからね。
周りに居る、USENやグアム大の人を捕まえて、定期的に情報交換をすることをお勧めします。
この試験は、なんだかんだいっても情報が大事です。
皆で一緒に合格しよう!という気持ちの持ち方が、案外合格への近道かもしれません。

J-SOXで一番面倒なものの1つに文書化があるが、私の受け持ちは購買セクション。
営業から仕入の依頼が来るところから、実際に買ってお金を払うところまで。

こういうと、簡単そうだが結構面倒である。
というのも取引パターンがいろいろあって、先ず買うもので
有形資産を買うのか? 無形資産を買うのか?というところでフローが全然変る。。
また、個々で輸入と国内調達ではこれまたフローが全然異なる。。
それとは別に・・・・  と全部で5本もフローが変る。

なるべくフローが被るような所は一緒に統合しているつもりだが、それでも相当な量。。

こんな作業を6,7,8月と死にそうになりながらこなして、今はウォークスルーの準備に取り掛かってる。
文書化した全部のプロセスを丁寧にウォークスルーをすると、また死んじゃうので出来るだけ効率よく、
「最終成果物に近いところを抑えると、前段の作業は全部担保されますねー」、というのを模索している状態。
そのターゲットの絞り方をどうやって全社に広めるのか?監査法人に説明するのか?で色々な資料を作っては「う~ん」と唸り、また作って・・・の繰り返し。

「最終的にどうやって対外に説明するのか?」がJ-SOX一番の命題です。。。

長いこと、コメントが放置状態でしたが、やっとコメントが出来る状況になりましたので、ぼちぼちコメントを返信させていただきます。
携帯で、BLOGが見られるということに今日気がついた(いまさらなやつ)

それにしても、今日はよく降るねぇ(雨の話)
まー、今は外に出ない職種なので別に構いませんが。。。

昨日から、新曲BC33だった。

私の通っているところは、いつもは大体BC31とかBC30のラインナップをやっていることが多いのですが、今月新曲発表ということでBC33が早くも登場した!

うーん、初めての曲はやっぱり新鮮やねぇ。

ということで、新曲コリオを覚えている範囲で、ちょこっと解説。

BC33の特徴!
カポエイラのジンガーステップが多い
入り方が難しい曲が数曲ある。
足を地面に戻さないで、連続で蹴る動作がある(サイド、バック)
新動作として、・地面に居る相手を踏みつけるストンピング、・稼動域の多い腕立て伏せ(ブラスタープッシュアップ)が加わった。

1曲目:Mundian To Bach Ke (Motivo Hi-Lectro Radio Edit) - Panjabi MC / Think About The Way (Radio Edit) - Frisco vs Ice MC
2曲目:Everybody’s Screaming!!! - Lostprophets
3曲目:Angel Eyes - ColorBox
新動作ストンピングの曲 
【右コンバットスタイル】
右アッパー×4⇒ストンピング×4

右アッパー×4⇒ストンピング×4(左、後、右、前と回りながら)

右アッパー×4⇒ストンピング×4(左、後、右、前と回りながらジャブ付)

パンチングボール

スキップ

【左コンバットスタイル】
アッパー×4⇒ストンピング×4

アッパー×4⇒ストンピング×4(左、後、右、前と回りながら)

アッパー×4⇒ストンピング×4(左、後、右、前と回りながらジャブ付)

パンチングボール

多分、気がついたと思うがどこかのコリオでおんなじ様な動きがあったハズ。
そっちは、4方向にアッパーだったかな。

4曲目:This Ain't A Scene, It's An Arms Race - Fall Out Boy
ジンガーステップメインの曲
ステップニー⇒ジンガー⇒リバーシブサイドキック⇒ジンガー
が基本動作で、ニーがバックブローになったりリバーシブサイドキックの連続になったりと変化する。
BC31 4曲目:「You Give Love A Bad Name」に似ていると思ったのは私だけじゃないはず。

5曲目:Girlfriend - Avril Lavigne
対面スタイルのコリオ
ボディ×2⇒ジャブ⇒クロス

フック

ボディ×2

ランニング⇒ジャンプ
基本的にこんな感じ。
曲の感じもあって、さわやかな感じ

6曲目:Behind The Cow - Scooter
バックキックメインの曲
【右コンバットスタイル】
バックキック×4

2(連続)バックキック

下段ガード⇒上段ガード⇒2バックキック
と忙しい。
バックキックが上手に蹴れないと2バックキックが難しい。

ここでも、ジンガーステップが出てくる。
ジンガーに入るタイミングが難しい。

7曲目:Run To The Hills - Iron Maiden
ムエタイトラック

右ダウンパンチ⇒左アッパ⇒右フック⇒左フック⇒左ニー×4
左ダウンパンチ⇒右アッパ⇒左フック⇒右フック⇒右ニー×4
左ニー×16回⇒右ニー16回
左エルボー2回⇒右エルボー2回

最後は右ジャンプニー8回⇒左ジャンプニー8回

8曲目:U R My Phantasy (DS Mix) - Sy and Unknown feat Lou Lou
ジャブ、アッパー、フックしかない。
ラストトラックの割りには今までのシリーズより比較的楽。
もう終わり?と思う人も追いはず。

ストレッチから

【フロントスタンス】
ジャブ×2
アッパー×2
クロス×2
左右の移動&ボブ(?)

基本的にこれのみ。
同方向のクロスを連続とかするので、すばやい動作が求められる。

9曲目:I'mma Shine - YoungBloodZ
今回のBC33ではこの曲が一番きつい
新しい腕立てブラスタープッシュアップ(?)
【手の幅狭く腕立ての体勢】
1、プッシュアップ
2、お尻を引いて肘を床につく
3、ダウン
4、アップ
くりかえし
1~4をテンポよく行うのだが、結構きつい
今回は、ひざを付いて腕立てを行っても十分にきついと思う

最後は腹筋

10曲目:Vienna - Infernal
9曲目が寝た状態で終わるので、そのままクールダウン

総評
本文でも書いたが、9曲目の筋トレが結構ヘヴィでナカナカいい感じ。
早速今日から自宅でのトレーニングに取り入れよう(ジム行かない日はBody Combatの筋コンのみ自宅でやってる)
その他、慣れている人なら余り戸惑うことなく出来ると思う。
コンバットに関わらず全般に言えることだが、基本動作を忠実に、稼動域を広く、戻しの動作も機敏に、常に空いている手はガードを意識することで幾らでも個々人に合わせて強度を上げられるので、
動作に、慣れたら基本に忠実に行うとBC33も、よりキツく楽しめるでしょう(笑)

BC33に出られた方がいらっしゃったら、感想をいただけると嬉しいです。

J-SOX、カナリ面倒くさい。。。

その判断が正しいのか、正しくないのか、誰も分からないし判断指針も曖昧。
また、何でその判断にしたのか?を会社として統一させる必要があり、その基準を作ったり書き物にしたりと、これもまた面倒。。
頼みの綱の、コンサルや監査法人も大した提案してくれないし・・・・

真っ暗闇の中、手探りで道路作っているような感じです。。。

先日、ひっさびさにオールナイトで、飲んだ・・・

いやー、オールで飲むなんて勉強中は考えられなかったですね。
オールだと、その日が勉強できないだけじゃなく、翌日の生活リズムにも影響しますからね。。。

飲んだのは金曜日の夜だったのですが、こちらのページでも紹介させていただいたCPA懇親会に参加してきました。
金曜日の夜だというのに、34人にもなる方が参加!
いやー、幹事の方の人脈凄いですねぇ。(ちなみに、私は幹事じゃありません)

お店は、新橋のど真ん中のこぎれいなお店。
34名で3時間飲み放題という、実に良いお店でした。
とはいえ、今回だけに限った話じゃありませんが、CPAの懇親会ってどこでも
食事どころじゃないくらい、皆さんはなしてますよね。
やっぱり、普段勉強の悩みや困っていること、不安なことを相談できる人が少ないですしね、この資格は。
それに、勉強ばっかりでフラストレーションもたまっているでしょうし。

わたしも、色々な方からblog見てます!とのお言葉を頂き
「これからも、真面目に更新しなくちゃ、、、」と思いました。
頑張ります!

今週末の土曜日に参加される方、私も参加いたしますので、見かけたら声掛けてくださいね

20070907131220
ついに、ipodの新世代が出るようです。

今度は、i-phoneで採用したような、全面ディスプレイのデザイン。
欲しい!!
しかも、無線LAN内蔵でインターネットも出来る!
これはいいね。
画面も大きいので、動画を見るのも良く見えそうだ。
今までのipodだと画面は綺麗なのだが、字幕が見えづらかった。。
字幕は見るなと。。。
でも、今度のだったら字幕も見えるだろう。

だが、ちょっと躊躇われるのが16Gという容量、それと値段。
今までのipodは30GBだったので容量が半分ぐらいになるのか。。
う~む、ということで今までのipodでどのくらいの容量を使用していたのか調べてみた。

使用量:11GB
問題なし!!

あとは、値段か。。
48,800円っておもちゃにしては高いな。。(おもちゃじゃないって?)

apple社のサイトで、紹介の動画が見られます。
見ると欲しくなります(笑)
http://www.apple.com/ipodtouch/guidedtour/

ちなみに、今までのラインナップもだいぶ強力になるようです。

先日、キャッシュフローの問題について質問を頂いた。
質問の内容はこんな感じ。

Equipment costing $110,000 was acquired through issuance of long-term debt.
このときの、キャッシュフローはどうなるか?

これは、USENのMCで言うと№104の問題ですね。
たぶん、普通に考えると、

Investing activity $110,000
Financing activity $110,000

と思うだろう。
私もそう思った。

が、答えはInvesting activity $110,000のみ
なぜか?
考えてもわからーん!ということで(こんなんで受かっていいのか?)、
SFAS95を読むと、こんなパラグラフが、

――――――>§‐キリトリ‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
SFAS95
Information about Noncash Investing and Financing Activities
32. Information about all investing and financing activities of an enterprise
during a period that affect recognized assets or liabilities but that do not result in cash receipts
or cash payments in the period shall be reported in related disclosures.
Those disclosures may be either narrative or summarized in a schedule,
and they shall clearly relate the cash and noncash aspects of transactions
involving similar items. Examples of noncash investing and financing transactions are converting
debt to equity; acquiring assets by assuming directly related liabilities,
such as purchasing a building by incurring a mortgage to the seller;
obtaining an asset by entering into a capital lease; obtaining a building
or investment asset by receiving a gift; and exchanging noncash assets
or liabilities for other noncash assets or liabilities. Some transactions are part cash
and part noncash; only the cash portion shall be reported in the statement of cash flows.
――――――>§‐キリトリ‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐

上によると、実質的にお金を受取っていないような借金はキャッシュフローとして報告しなくて良いとある。
この考え方を当てはめるならば、問題文の$110,000はEquipmentを買うときにその場でローンを組んだという感じだろうか。
銀行からお金を借りてきて、そのお金で支払ったというとFinancing Acvityとして$110,000が報告されるので
強引だが、こう考えるしかないだろう。

結論:問題が良くない
ソレ言っちゃあ終わりか・・・・

先日、ようやっとのことでFACSから学歴審査の結果がFAXされてきた。

私は、モンタナ州に出願して合格しているのでGUAMでのサーティフィケートを取得するためには、
1、再度 学歴審査
2、モンタナに合格実績のトランスファー依頼
3、グアムにサーティフィケート発行依頼
と、またややこしい段階を踏む必要があり、合格してから直ぐに学歴申請したのだがやっと評価結果が返ってきた。。

前回モンタナ出願時に提出した先と同じ評価機関(FACS)なので、早いかと思ったら全然そんなことは無いのね。。

ただ、前回と文面は変っていました。
単位の状況が記述してあるのですが最後に、
Mr, KOJI indicates he passed the Uniform CPA Examination in Montana in 2007.
と、、、
へー、ちゃんと情報リンクしてるんだ、、、
と変に感心してしまいました。。

さー、次はトランスファー依頼だ。
また、金かかるのか・・・・

私のサーティフィケートは年内にもらえるのでしょうか・・・

ついに、GUAMでの受験が土日可能になるようですね。

9月3日より予約受付が開始で、10月27日(土)・28日(日)以降の受験予約が行えるようになりみたいです。
NASBAのグアムテストセンター用のページで細かい説明を見ることが出来ます。

いま、ざっと見てきましたが、どうやらNASBAが提携している旅行社との共同の企画のようで
土日受験者は、試験を予約するとセットでホテルも付いて来るようです。
いやー、ビジネスですねぇ。
しかし、これって「tie in sale」じゃないんですかね?

果たして、どんなホテルが付いてくるのか?
料金はいくらなのか?
現段階では全然分からないのでなんともいえませんが、
飛行機は自分で手配するという時点で、あんまり期待できない気がします。。。
願わくば、試験は予約されていたのに、ホテルは予約されていなかったというようなトラブルが起きないことを願うばかりです。

さて、NASBAのサイトにある土日受験概要のマニュアルですが親切なことに、日本語のマニュアルもあります。
翻訳ソフトそのままという感じで、結構笑えます。
たとえば、

「主に使う自分のEメール住所をIDに決定します」
Eメール住所って・・・・
まあ、ニュアンスは伝わりますが。。。

「*不注意、故意または本人の過ちで違う情報を入力し
   またこんな不注意で試験を受けられない場合
   これに対する責任と取り消しによるPENALTYは
   すべてお客様本人の責任ですので情報を正確に記入して下さい」
またこんな不注意、って凄い言い回し!

「7. Confirmボタンをクリックすると次の科目の申請が可能な空欄が自動再生されます.」
自動再生って、何か映像でも流れるのでしょうか??

などなど、、、
そのほかにもたくさんあります(笑)

まあ、変な日本語はおいておいて、受験生でグアム受験を考えている方は一読されることをお勧めします。

【NASBA Guam Computer Testing Center】
http://www.cpa-guam.com/

【マニュアル】
http://www.cpa-guam.com/manual_download.asp

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。