召しませ?U.S.CPA

元U.S.CPAを目指して・・・ 受験生、合格者が有意義な場所を目指して新装開店! CPAの勉強論点やTopicをA la carteでどうぞ♪

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日もご飯の話。

先日、同じ部署の女の人たちと話していたら
「男って、献立聞いてもつまらないよね~」と

彼女いわく
「男って、『今日は何が食べたい?』って聞いても一品物の料理しか言ってこないし。カレーとか、スパゲッティとかハンバーグとか・・・。この程度のお子様メニュー料理で『料理が出来る人』と思われるんだから男なんてチョロイもんよ。」と。

かなり、暴言に近い意見だが全くもって反論できないところが悲しい。
最近では、男でも料理が凄く出来る人も珍しくは無いが、それでもカナリ少数だろう。
料理できない人たちから見れば、基本的な料理だろうが難しそうな料理だろうが作れる人は『出来る人』と思ってしまうのはしょうがない気がする。

まあ、私から言わせると男は『単純なメニューが好き』というより『料理をしないから献立を知らない』というのが正解だと思うが・・・

スポンサーサイト
昨夜、久々に家族揃って食事をしていると突然母親が「パンパカパーン。それでは発表です!」と言い出した。

どうして「それでは」になるのかが全然理解できないがいつもの事なので気にしない。

母親は何やらメモのようなものを見ている。

「えー、今週の献立」

「おおっ!!」

家族中がどよめいたのも無理は無い。
うちの母は、そういうことを事前に考えるようなA型ではない。

「どうしたの?」「なにがあったんだ?」など皆口々に褒め称えてる。

「あら? 賢い主婦はこうするものよ。」

「・・・・」

「んで、本当は?」

「・・・雑誌で見たら楽そうだった。」


母親の献立によると、本日は餃子と何とかと何とかと(←あんまり覚えてない人)で
今晩当直で帰れない私は、
「んじゃ俺もぎょうざ~」と餃子を買って当直室へ行くと弟からメールが。

『そして、続報』

ドノ辺が「そして」なのかイマイチ判らないし、何を受けて「続報」何かも全然わからない。
どうも我が家は日本語の接続詞の使い方が怪しい人たちばかりのようだ・・・

『今晩の夕食は、ホワイトシチューとチンジャオロースでした』

「なにも合ってねぇぇぇぇぇえ!!!」

ども、NTSが着たけど予約が取れないKOJIです。

NTSが来た時点であと1ヶ月という日で、グアムのサーチャージを支払ってみたものの現実は厳しくて
空席が無い。
もう、ホテルもフライトも抑えてあるのに、肝心の試験が取れるかどうかって。
まあ、まだ25日ほどあるし何とかなるでしょ。(必殺 根拠の無い自信)
あたしゃ、いつだってそうやって乗り切ってきたし。


そおいや、うちの会社の保養所に指定されているホテルがグアムにあることを風の便りに聞いたので調べてみた。
福利厚生のページを初めて覗いてみると、そこにはなにやら聞いたことのあるホテルが乗ってるじゃありませんか!?

「オンワードリゾートホテル」


おい!
今回、泊まるところだよ!!

自分の行きたい時を選んで応募して、抽選で当たるとタダ。
抽選でもれても、50%off
コレに別途フライトを足しても、ツアーで行くより安そう。うしし
使わない手はありません。

それにしても、1人で行くって申請したらカナリ訝しがられるだろうなぁ。
私だったら、カナリ怪しむ。
「こいつグアムに女でもいるんじゃないのか?」とか。
まあ、「女?」と思われているうちが華ですが。。。
「こいつは先ず(女がいるということは)ありえないね。」と思われるようになったら、終わりだし。
先日ネットで見た
「恋愛賞味期限」http://seibun.nosv.org/renai/
の診断によると、私はどうやら37歳までは大丈夫なようです。
「もう1週(干支が)大丈夫だな。」と油断してるとあっという間に時が過ぎそう。。。
CPA終わったら、そろそろ真面目に色々と考えようと反省の毎日。(今はなんも考えてない)
それ就職する前にも言ってた気がするなぁ。
こんなことだからチャランポランとか、
「アンタと同じ血液型って思われたくない」って褒められたりするんだろうなぁ。

なんか、だんだんと勉強blogから遠ざかっているような気がする最近の記事。
まあ、息抜きに読んで下さいな。




また、バンドの話。


私が組んでいたバンドで、まともなバンドは実はあんまり少なくて
どのバンドも笑いを重視していた。

ちなみに音楽のジャンルとしては世に言う「ハードロック」or「ヘヴィメタル」に入るかもしれない。

私の周りのバンドは、ライブのステージ上で「音で魅了する」というより「いかに笑いを取るか?」に重点を置いているバンドばかりだった。。

みんなソレナリに演奏も上手く、衣装もバッチリ、ステージ的にはかっこいいのだが
考えていることは、ネタのことばかりで「いかに笑いで他のバンドを食うか」しか考えてなかった。

そんな、ライブをいつもやっていると感覚がおかしくなってきて
ごくごく普通のライブを見に行くと違和感を覚えるようになる。

「どんな笑いがくるんだろう??」と見ながら期待している時点で何かがオカシイ。
普通のライブはかっこよくやるもので「笑いは取らないでしょ!」って普通は思うのだが
変に期待している自分。

また、凄くかっこつけているバンドを見ると逆にこっちが気恥ずかしくなる。

どうやら、住む世界が違うようだ・・・

私が、組んでいた・組んでいる・付き合いのあるバンドは結構ひどいのが多くて


Aさん:「さ来週のライブなんだけど・・・」

私:「あっ、観に行きますよ~。頑張ってくださいね」

Aさん:「じゃなくてギターが出れなくなったから替わりに出てくれない?」

私:「はぁ?あと10日なんですが・・・」

な感じで、オファーがくることがしばしば。


ふつう、その場合辞退するでしょう。
OKしてる私もどうかと思いますが・・


1度、コレよりももっとレベル高いのがあって

Bさん:「再来週のライブなんだけど・・・」

私:「あっ、観に行きますよ~。頑張ってくださいね」

Bさん:「じゃなくて、枠が余るらしいんでこれからメンバー集めて出ようと思うんだけど・・・」

私:「はぁ? これからメンバー集めるのかよ!!」

Bさん:「あとのメンバーは、CとDとEに声掛けようと思ってるんだけど」

私:「OK!」

Bさん:「んじゃ、最終リハは明後日10時~ね。本番は再来週の8時にxxで。曲はメンバー決まってからメールで話そう」

私:「あいよ~」


まあ、類は友を呼ぶと言いますが、その日のうちにメンバーが決まって曲も決まると言うのはなんと言いますが凄いもんです・・・





先日携帯を変えた。
使い方ワカラン・・・・



今回、携帯の会社を変えたわけでなく機種を変えただけだ。
今まではムーバの機種を使っていたのだが、私もやっとFOMAに。
でも、実はFOMAは初めてでなく以前使っていた。
あれはP900Iという機種だっただろうか?
サイドのボタンを押すと「パカッ!」って開くのが気に入ってそれにしたのだが、まあ使いにくい使いにくい。。
メニューの構成も何処に何があるのかが予測しづらければ各ボタンのレスポンスも遅い。
ボタンを押しても一瞬考えてるかのように遅かった。。。
余りに使いにくさに、その機種は半年ほど使って以前使っていたSOシリーズのムーバに戻ったのだった。

今回携帯を変えたのはヒトエに「国際電話対応のが欲しかった」コレだけである。
受験の状況を考えると、どう考えても最低3回はグアムに行く必要がある。
国際ローミング対応の携帯なら現地でレンタルしなくてもいいから便利~。
という目の前の利益だけで変えた感じ。
それにしても最近の携帯って、装備が充実していると言うか全然使用方法が分からないメニューが沢山・・・
画面開くと下のほうにニュースとか流れてるし・・・

若者なのにこういうところ疎いKOJIでした。

子どものころのあだ名は「壊れたラジオ」でした。


実に寡黙な子。
徳永英明の「壊れかけのRADIO」のように
何も聞こえない・何も語らない ような実におとなしい子


の逆で、しゃべりだすと止まらない って子でした。

『このラジオスイッチが壊れちゃって、電源切れなくなっちゃったよ~~?』

って感じか!?
罪も無い子に実にひどいあだ名です。

んで今は「どうか?」というと


彼女「アンタと喋ってると疲れるわ~」


と言わしめるほどの強敵に成長。
(過去2人に言われた。なかなか遠慮の無い彼女でよろしい)


遊びに行って帰りの車って疲れてるから穏やかに帰るもんじゃない??
でも変わらない私のテンション。
そりゃ、聞いてるほうも疲れるってもんです。
自分でも思います(ダメじゃん)

どおりで、私と遊びに行った次の日は
「のどが痛い」って言われるわけです。
風邪じゃなかったのね~~~(笑)
反省します。。。


とはいえ、ここ1年は勉強しかしていなかったので全然喋ってない・・・
次に彼女になる人はそれ相当の覚悟がひつようかもしれない(累積配当のような感じ)

今までは、いわゆる普通の手帳を使っていて月間スケジュールばかりを使用していたのだが今年は週間スケジュールの入ったモノにしてみた。

その手帳がコレ↓

20070111094052.jpg


「夢をかなえる人の不思議の手帳」
私に似合わず、ちょっとかわいい感じなのは内緒だ。

中身は月間スケジュールと週間スケジュールその他に著者の読み物が合間合間にある。
どちらかというと女性向な感じだ。

まあ、なんでコレにしたのかというと、「手帳の名前に惹かれた」
ただそれだけである。
手帳を買うと、アレコレ書き込んで見たいのだが、さびしいかな受験生の私にとっては余り日々が充実しない・・・
今のところ仕事の予定ぐらいしか入らないのだ。
勉強も予定たててするほうじゃないしなぁ。

とりあえず、月間スケジュール欄に書き込んだGLEIMは今週中に終わりそうです。


今日から本格的にお仕事がスタートというところも少なくないのでしょうか?

私のような職種は、あんまり関係なくて正月明けからフルに働いてます。
今日も、会社に居たのは朝の30分だけで後はずっと外です。。
今日のスケジュールはひどい・・・
もう足が棒になりそうです。

さっき、お客さんとこのエレベータに乗ってたら

「面接ですかぁ~??」って。。。

フフフ、お姉さん私がそんなに初々しい人に見えるかい??
大体、新卒の面接受ける人がこんなに赤い髪をしているわきゃ無い。

「いいえ~、XXXさんとこでお世話になってる●●のものですけど、新年の挨拶に~」って言ったら、
エレベーターから降りるなり飛ぶようにして去ってった。

そんなに逃げるようにして去らなくても・・・
けっこう綺麗系な人だっただけに残念。(なにがだ)


今日は、このまま次の客先から直接帰ろうと思っているのでモスで時間調整しながらMAILのチェック。
まあ、大体4時過ぎに行ってパッパと用事済ませて、5時時過ぎに「帰ります♪」とTEL作戦。
しめしめバッチリだ。

でもよく考えたら、今日早番だから時間調整なんてする必要ないぢゃん。。。
もう、定時間近だし。
ああっ、アイスココアの210円返せ!!
ついでに摂取しちゃったカロリーは返す!!

馬鹿なこと言ってないで、仕事仕事。



ps.NASBAからのNTSはいつくるんだろう・・・・

お久しぶりです。

今年は真面目に書くといっておきながら、このザマです。。。
まあ、初稿が4日と3日坊主どころか1日目からしてviolationしていたので気にしないことにしましょう。

とりあえず、勉強のほうは順調と言うか
GLEIMをやっていて「あっ、不得意なのはinternal contlorだなぁ」と思っていたところにAUDのスコアレポートが来ました。
スコアレポートによると、私の敗因はSIMとWCのようです。
MCはCOMPARATIVEと言う評価だったので、まあ合格者と遜色は無い感じです。
MCの評価ではinternal contlorがweakという評価。
そのほかの項目は、COMPARATIOVE・STRONGERでした。
まあ、私の時のSIMの内容もI/Cだったので、当然の結果と言えば、当然の結果だったのでしょう。

さて、GLEIMで解いていてI/Cが弱いと気がついた私ですが、どうやら応用的な問題が不得意なようです。
イワユル一般的な話は分かるのですが、「じゃあ、次のprocedureのうちI/Cの弱点を最も見つけにくいのはドレ?」と言った感じの問題がカナリ不得意。
問題を出すほうもイヤらしくて、どの答えも間違えではないが、でも一番答として弱いのはドレ?と言う感じの問題が多くて梃子摺ります。
今後の課題は、I/Cの深読みになりそうです。



せっかくなので、何か為になるものでも書きましょうか。

唐突ですが、テレホンカードとかの小さな穴から覗くと視力が上がったように物がよく見えるじゃないですか?
嘘じゃないですよ。
疑うなら試してみてください。テレホンカードやパスネットに空いてるような小さな孔から遠くのものを見るだけです。
そうですね、観るのは小さな字とかが宜しいかも知れませんね。

ほら、普通に見るよりよく見えるでしょう?
小さい頃から、なんで小さな穴から物を見るとよく見えるのか疑問だったのですが、先日やっとなぞが解けました。

これ人間の目の性質を逆手に取ったようなものなんですね。


ピント って皆さんご存知ですよね。
たぶん、小学生の理科で習うのではないでしょうか??
人間の目にあるレンズを調整して見たいもののピントを揃える。
コレが物が見えると言うことで図にすると下のような感じですね。

pint1.gif


例1では、ピントがチャンと合っている状態です。
コレだったものがチャンと見えますね。

例2ではピントがチャンとあっていない状態です。
これだと、像がボケボケになってしまうというのは感覚としてお分かりになると思います。

でも、実は人間の目はそれほど正確ではなく、実はある一定の範囲内に像があればピントがあっていると認識してしまうのです。
そこで小さな孔の登場です。

下の例3のように小さな孔を通して物を見るとその時の見え方は赤の線のように像を結びます。
孔をを通してみても別にレンズを通したわけではないので光の進み方は同じで、やっぱりピントの位置は変わりませんが、さっきとは決定的に違うところがあります。
それは、青い線の範囲で示された人間の認識するピントの幅よりも、像が狭い位置にあるということです。
この、青い線で示された範囲内に像があると人間はピントが合っていると認識してしまうため、例3ではピントが合っているということになってしまいます。(例2は合ってません)
pint2.gif




実は、この原理って私たちの身近なものに応用されてるんですね。
ソレの典型例が使い捨てカメラですね。
使い捨てカメラって、近くの人から遠くの背景まで総てにピントがあっている写真になるじゃないですか?
あれは、この原理を使ってます。
小さなレンズ、小さなしぼりを使用して先ほどの青い範囲に総ての被写体の像が結ばれるように設計してあるんですね。

テレビを始めてとして、周りにあるものって人間の目の弱さを突いた実にすばらしい発明が多いんですね。

新年も始まって4日目

皆様いかがお過ごしでしょうか??

私はといえば、コノ3日間はゆっくりとしていました。
大晦日から2日かけ仕事だったと言うのもありますが、体力をつけて今年一年に備えるという意味で特に無理せずちゃんと睡眠をとって久々にバッチリ寝た数日でした。

昨年を振り返ってみると、まあ自分でもそこそこ満足するほど勉強した1年でした。
「勉強した!」と言える自身はありますが、それでも試験の結果は2戦1勝1敗。
これが何を意味するかというと、一言でいうと勉強が足りていないのだ。
そりゃ、勉強の要領もコツも得手不得手もあるでしょうが、それを補うのは最終的には努力以外の何者でもなく
最後は自分との戦いです。
そういう意味で言うと、試験の結果というより自分との戦いの結果が2戦1敗ということ。

去年は、我慢もいっぱいしたが自分のやりたいことも我侭いっぱいやった年。
勉強という我慢、今一番やりたい自分のための勉強。
でも、こんな回りに迷惑ばかりをかけている日々はいつまでも続けてちゃだめだ。。

残りの3戦全勝して受験生活から卒業するためにも、もっと強くならなくちゃ。
今年も、皆さんにいい影響が与えられるほどの勉強をしていきたいと思います。




ps.昨日、やっREGのスコアレポートが届きました。
スコアレポートの日付は12月19日
消印は27日
この空白の8日間は何なんでしょうね??
とはいえ、やっと自分の「jurisdiction ID」が判明したのでこれで晴れて次のNTSの申請が出来ます。
もちろんAUDのNTS申請です。
まだ、AUDのスコアレポートは届いていないので何処が悪かったのかイマイチわから無いのですが、多分MCが駄目なんでしょ。
まあ、ドレが駄目かってMCかSIMかWCの3つしかないんだけどね・・・・
というわけで、これからGLEIMCDをひたすら潰そうと思います。
一通り全部やり直して、試験前までに間違えたところをもう1度やり直す。

今日から初めて13日(土)までに1週目終了
14日から23日までSIMと間違え潰し
24~26日は総復習
29日受験
よし、この流れで行こう!!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。