召しませ?U.S.CPA

元U.S.CPAを目指して・・・ 受験生、合格者が有意義な場所を目指して新装開店! CPAの勉強論点やTopicをA la carteでどうぞ♪

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いやー、どうも今回の記事で「U.S.CPA」に関しては100回目の投稿だそうで、三日坊主の私としては驚きです。

このサイトを始めた当初もまさか、こんなに皆さんから暖かいコメントをいただけるとは思ってもいませんでしたし。。


ホント皆さんのお蔭です。


合格した暁には、一番にご報告に参りますわ。
美味しいものでも食べに行きましょう



さて、本日はFARE4の試験でした。

昨日アレだけ、余裕っぽいことを言っていましたが
朝起きて問題を解いてみると怪しい論点が浮上。

出発するまで&電車の中でMCを100問ほど解き
USENの下にあるスターバックスで更に30問ほど解いて挑みました。


キャッシュフロー計算書のテーマがニガテなので、『あまり出ないでほしいなぁ』と思っていると




Quiestion1
In a statement of cash flows, payments to acquire debt instruments of ...................



イキナリ来ました。
「来ないで欲しいと思うと、来る」

まるで、マーフィーの法則みたいですが初球からは反則です(笑)


そんなこともあり、今まで単位認定試験は4つ受けましたが一番緊張したテストでした



できばえは?と言うと
1つアヤシイ問題があったのですが、なんとか無事に「合格」と記された紙を受け取ることが出来ました。

次は5日に控えている「REG1-B:Ethics and Gorvermental Regulation」
に向けて勉強です。

ここ、名前から判断してREG1の7回目8回目の内容かなぁ、と勝手に思っているんですがどうなんでしょ??
どなたかご存知の方教えてください


本日の勉強
FARE5-10回目
本日でFARE5が終了!ということで、FAREを全部学習したことになります。
FAREは全20回とだいぶ長かったので、1・2回目の内容をちゃんと覚えているか、はなはだ疑問ですが「焦るのはFAREの受験をするときにしよう」ということで取りあえず、先に突っ走ります。


これから、(会社の)新人教育用の勉強をしてから寝ます。。。
今年は新人教育の講師をやらなくてはいけないのです。

教える内容は「ネットワーク基礎」

まず、私に教えてくれ! って感じです。。。


prod01.gif


写真は今日スターバックスで飲んだ(食べた?)「バナナ モカ フラペチーノ」(右)

今日は暖かかったので、とても美味しかったです。

病みつきになりそう(でも太りそう。。。)

スポンサーサイト



明日はFARE4の単位試験と言うことで、昨日今日は1日中FARE4の復習に当てていました。


MCをまわす事で理解を図ろうと思ったのですが、急遽予定変更でテキストをもう1度じっくり読んでからMCを回すことにしました。


WEBで授業を初回に視聴したときはピンクのラインマーカーを使用したので今回は黄色のラインマーカーでビシビシラインしたら、とってもカラフルなテキストが出来上がりました。


最近ラインマーカーの減りがメチャクチャ早いです(笑)



最近はテキストをじっくりと読む時間をなかなか取れなくて、MCを解くことによって強引に理解させていましたが、やっぱりテキストで体系だてて勉強すると違いますね。

今まで、「さっぱりだ~」と思っていたヘッジ会計や税効果会計の分野もバッチリ理解できMCの正答率も90%↑でした♪


FARE4は、FARE試験の中でも中核をなす大事なテーマ。

せっかく理解できたので、定期的にMCを見て忘れないようにしていきたいです。

PAP_0095.jpg


昨日は、大学時代の友人が東京に出て来ていると言うので、やはり大学時代の友達と計3人で新宿で食事をしました。


彼は出身が長崎の方で、卒業後は地元に帰りたいということで、在学中から公務員を目指して真面目に勉強していました。

念願かない、今は公務員として地元長崎で頑張ってる彼ですが、いずれは中小企業診断士の資格を取る!と早くも次の目標に向かっているみたいです。

もう一人の友人は、私と同じくCPAを目指していて7月受験のようです。
今が一番の正念場かな??



このほかにも、J.CPAを目指している大学の同期。

MBAを目指して、アメリカに渡った元彼女。

OLをやりながら司法試験を目指している人など、

私の周りには目を離すと飛んでいってしまいそうな鳥のように、向上心の高い人たちばかりです(事実1人飛んで行った・・・)

後を遅れながら付いて行くのがやっとです。



ありがとう。。

皆に出会えたことが、私の財産です。

今週は、普段の予定とは異なりひたすらFARE5を進めております。

普段は2科目を交互に勉強していて、つい先日までは今週も交互に勉強する予定でした。
先日REGが終了したのでA&Aがスタートできると楽しみにしていたのですが、予定変更です。



スケジュール帳を見ていて思いました。


この先、連休となるような場所が殆ど無い(自主的に作らない限り)

GW中にREG1-B、FARE4の単位試験と取ったとしても、まだREG2,A&A(の単位試験)が残っています。


コレの勉強を進めながら単位も取るとなると、FARE5の単位はさっさと終わらせておいたほうがいい。

「ちょうど、FARE5の分野に突入した事だしGW前にFARE5も一通り終わらせて5月7日にでも受けるかぁ!」
ってノリです。。。


ノリ、大事です。。。



本日のお勉強
FARE5-3を視聴
公会計におけるキャッシュフロー計算書やらファンド→Governmental-wideの調整やらで軽く混乱してます。
テキストの読み込みで何とか理解できるよう頑張ります。

さて、本日はFARE5の2回目「予算会計、政府における収益・費用の認識」について勉強しました。


今まで勉強してきたものは総て、企業会計についてなので前回からの政府会計は全く新しい話といってもいいでしょう。


当然、モノを1つ買うにしても企業と政府では会計処理が異なり、混乱を呼びます。

会計処理方法が違うのはもちろんのこと、新しい勘定の出現です。

新しい単語の出現、コレが一番手間取ります。

勘定名が分からないと当然仕分けも切れませんしね。


いつまでたっても、英語が強敵です・・・




ps.今週は30日にFARE4のテストを受ける関係上、巻きのペースです。
ノルマ(週3つのテーマを学習)をさっさとクリアしてFARE4のMCをまわす予定です。
金曜が代休取れそうなので、金曜土曜はまるまるFARE4の復習に当てたいです。
平日の頑張りにかかりそうです。。。

今日は、Regulation1の最後のテーマである「Professional Responsibilities」を学習した。

まあ、簡単に言うと会計士の行動規範と責任についてだ。


テーマだけからすると難しそうなのだが、意外と常識で考えても分かるような話もある。

たとえば、
会計士は自分の親が経営している会社を監査してもいいか?


もちろんダメである。


会計士は監査業務を行うにあたって当該企業から独立していないとダメなのである。


こんな感じのテーマが続いたあと、会計士の法的責任というテーマでは「会計士を訴える」だの「訴えない」だの、なにやら物騒な話。

これから、会計士になろうと思っている人にとっては怖い話です(笑)


まあ、内容を見れば普通の話だったのですがね。


嘘の財務諸表に「OK」といった場合会計士はどうなりますか?

などなど、最近の耐震偽装問題を見ていればどうなるかは分かるでしょう。



今回のテーマは、今までの勉強と決定的に違うところが1つありました。

それは、1ページにも及ぶ長いストーリーとそれに関連する問題文。


今までの問題が長くても6行ぐらいだったのを考えるとだいぶ長いです。
長文と言ってもいいぐらいです。


そして、自分でも驚きましたがだいぶ文章を読む速度が速くなっていました。

毎日、短い文と言えど英語を読んでる成果でしょうか???


今日は気分良く寝られそうです♪♪♪


明日の予定
FARE5 2回目視聴

本日は、「FARE1-3」「BEC」の最終回でした。(LIVE授業ね)

「FARE1-3」は全10回なのに対して、「BEC」は全11回のため今日は3コマありました。


キツカッタ・・・


私は、普通コースのため普段は2コマしか授業が無いのです。

3コマ目の最後10分ぐらいは上の空だったかも・・・


と言うのも、後半2コマはBECのIT分野とパートナシップ・株式会社の範囲のため、ほぼ暗記!?

普段使っていない。脳細胞なだけに明日は筋肉痛必須です。。。



速習コースで、3つ授業を取っている人には頭が上がりません。

失礼ながら、『私がきっと最年少だ』と心の中で思っているのですが皆さん実に勉強熱心な方たちばかりで・・・


私も、いつまでも向上心を忘れずに年をとっていきたいものです



ふう、今日の範囲のMCって何問あるんだろう・・・

170問・・・


寝るまでに解き終わるかしら。。。




明日の予定:
1、定時に帰る(いつも心では思っている。。。)オネガイシマス
2、Regulation1-8回目「Proffessional Responsibilities」

今日のテーマは、「Regulation1」7回目の証券法
ならびに、「FARE5」のGovernmental Financial Reporting。


しかし、証券法のテーマは何というのか、、、自習項目が多い!!

Regulation全般にいえるのかもしれないが、授業では扱わず各自勉強しておいてください♪
と言う項目が多いのだ。

ソレが今回のテーマの場合(正確には7回目の授業のノルマ内)、メインテーマの証券法のページ数と同じだけ、もしくわそれ以上にあるのだ。

オイオイ、ソリャ無いぜセニョリータ。と日本人でも言いたくなるような感じ。

MCカードの問題数も大半が自習項目。

だいぶ苦労しました・・・


問題数も比較的多かったですが、今週はFARE4の最終回の78問という壁を越えているので、まだ行ける範囲です。
というか、Ragulationは分からなきゃ分からないので、読んで分からなかったら答えを見るしかないですしね。

FAREやBECに比べれば、うなる時間も短いです。
問題文を読むのに時間がかかると言う意見もありますが・・・


FAREもいよいよ大詰めで、最後のトピックス公会計のスタートです。

今まで、企業会計になれてきたせいもあるため、最初は言っている意味がチンプンカンプン。
講師が三輪さんから、BECの井上さんに変わったと言うこともあるのか、FAREをやっていると言うより、BECの延長線をやっているような感じ・・・


コレ(blog)書いたら、アイスでも食べてMCに手をつけて寝るかな・・
なんとか、今週のノルマもギリギリながら達成できそうだ。


ps.FARE4の単位認定試験とREG1-Bの単位認定試験申し込んじゃった・・・
しかも、FAREは来週が試験。
あと、3回はMC回したいな。。

英会話教室を、続けているとソレナリに先生の出入りもあります。

私はもう3年ほどやっていることになるのでしょうか?


私の通っている英会話教室は、いわゆるNOVAのような、レッスンをしに行くというような感じの教室ではなく、「世間話を英語でしに行く」と言うような感じの教室です。

生徒の大半が、何年間も通っている人ばかりで、英語を習うのが目的と言うより皆に会いにいくのが目的になっている感じです。


そんな感じなので、とてもアットホームな感じでだいぶ心休まる感じです。


今日、レッスンに行ったところ2レッスン目の先生から「次回のレッスンで最後です」と言われた。(もちろん英語で)

事務の女性の人は毎年教室間の異動で変わるのだが、講師は変わらないため今の先生は、もう2年の付き合いと言うことになるでしょうか?


どうやら、英会話教室をやめたあとは、中国、ロシア、ヨーロッパを旅してカナダ(母国)に帰って、大学院で勉強するようだ。



英会話教室の先生方には、ほんと感心させられる。

みんな、自分のやりたいことを自分のタイミングでやっていると思う。


日本人には無い、その強さを少しでも吸収できたらと、いつも思います。

ここ数日、
終電・帰れない と言う状況が続いていたため体調がボロボロです。


眠い(ソレはいつもか)
食欲が大してない(普段もそれほど無い)
・・・・・


とまあ、良く考えるといつもと大して変わりませんな・・・





話は変わりますが、実は16日が誕生日だった!、
と言うわけではありませんがスーツを新調しました。


社会人になってから、月の給料に占める服飾費が物凄い上昇率を見せてます。
単に給料が、たいしたことないと言う噂も・・・

学生の頃はビンボーだったということもありましたが、ほんと必要なものを出来るだけ安い物で済ませていましたが、社会人になってからは浪費癖(?)の兆候があります(笑)

気がつくとスーツや、ネクタイ、ワイシャツを買っている気がします。

まあ、使うもんだからいいけどね。


それに最近の楽しみは、買い物ぐらいですし。。

よく、買い物でストレスを発散させるって話を聞きますが、なんとなく分かる気がしてきました。
受験終了までに、何着スーツが増えることやら・・・



最近お気に入りのブランド(?)は"abx"というブランド。

もともとレディース向けのブランドを多く持つメーカーのブランドのため、スーツのラインも結構レディースっぽいラインです。

だいぶ、上着の"搾り"が高い位置でカナリ体にフィットしたライン。


こりゃ、体系変わったら着れなくなるな・・・・



本日の勉強で、FARE4が一応一通り終わった。


FARE4はいわゆる、上級財務会計の範囲で
・有価証券の会計処理
・金融商品の話
・税効果会計
・キャッシュフロー計算書の話
・M&A
・外貨建て取引
・会計上の変更と誤謬の修正
などなど


難しいテーマが多いが、結構楽しかったのも事実。
新聞に書かれていた内容が、やっとちゃんと理解できたと言う感じです。
特に、繰延税金資産は今まで間違った認識だったため、目からうろこが落ちるような思いでした。


FARE4は単位認定試験も控えているということもあるので、是非この機会にマスターしたいです。


後々敵に回すとややこしそう・・・

本日は、FARE・BECの第9回目の授業。

あれよあれよと言う間に、来週でFARE1-3/BECが終了です。


本日、受付にて「10月・11月試験のための受験手続」なるパンフレット(?)を発見!!


私は、出来れば11月に1科目でも受けたいなぁと思っていたので、早速手にとって中を見てみると、出願のタイミング等細かく説明されていました。



どうやら、オススメのプランだと10・11月に受験の場合
学歴評価依頼 3月中旬
トランスクリプト発行依頼 4月中
願書送付 6月1日
NTS入手 8月中ごろ
試験会場予約 NTS入手次第

となっている。



この試験のめんどくさい点として、受験の手続きというのが一番に上げられるだろう。

大抵の人が自身の大学の単位だけでは受験条件に足りないため、スクールの提携大学の単位を取得する。

そうなるとイワユル成績証明書みたいなものを2通り出さなければならないのだ。

それが、学歴評価依頼とトランスクリプト発行依頼だ。

それが、出願する州に届いたのを見計らって願書を送付しなくてはいけない。


そして、願書をおくるとNTSというものが発行され、晴れて試験会場の予約が出来るのだ。

この間、推奨は3~4ヶ月。


ながい。。。



受験条件を満たして、願書を送付してから、OKの通知(NTS)が来るまで2.5ヶ月。

アメリカってそんなに遠い国だったっけかなぁ・・・



さて、私の場合、今のペースで勉強して、さらに勉強終了と単位取得のタイミングがほぼ同時だと仮定して、受験条件が満たせるのが6月中頃(かなりキツイプラン)


学歴評価依頼は、既に出してあるのでトランスクリプトのみ出せばいいことになります。

トランスクリプトが発行されるのが7月31日

願書の送付を8月1日にしたとして、NTSの到着が10月半ば。


ぎりぎり、ほんとギリギリですが11月に受験も出来なくはないですね。(試験会場が空いていればの話ですが)


ポイントは6月中に受験条件を満たせるかどうかです。

ちなみに私はあと6科目も単位試験受けなくてはいけないのだ(笑)

REG1-B、FARE4、FARE5、A&A1、A&A2・・・
まだ、全然勉強してないところだ。


ゴールデンウィークに2つほど受験しますか・・・
(FARE4とREG1-B)


がんばります。。。

本日は、昨日の宣言どおりRagulation1 6回目の講義の復習。

今回の主なテーマは、不動産の売買や権利に関する話。


問題を解いている感じでは今までのテーマより比較的簡単な感じがする。
チンプンカンプンな問題も無かったし、間違えと言えば英語の読み間違いが主。

まあ、英語が一番の敵にはマダマダ変わらない状況です。


その後は、FARE4のキャッシュフローを再度復習しました。


MCを取り出して問題を!

とも思ったのですが、まずはテキストをじっくり読むところから。。


最近は、MCを解くのに追われる一方でじっくりテキストを読む時間が取れていませんでした。

と言うわけで、30分以上掛けて該当のテキストをじっくり読みました。


やっぱり、テキストを読んでから問題を解くと理解が違いますね。

間違えても、直ぐに間違えた理由が理解できます。

FARE4は、単位試験も控えているので当面は大事に勉強して行きたいです。



明日は、LIVE授業の9回目。

まだ、1・2回目のような初期の内容をちゃんと覚えているかしら??

先のテーマに進む(新しいことを勉強する)ことはとても楽しいのですが、自分の記憶力に自信が無い私としては、同時に過去のテーマについての不安も付いて回ります。


この試験に限った話ではありませんが、受験はホント自分の精神力の戦いなんだなと思います。

ちょっとは鍛えられたカナ・・・

日記を書いていなかったからと言って、別にサボっていませんよ(笑)

ただ、勉強終わってAM2時過ぎているとかだと「寝なきゃ・・・」って想いが優先して、そのまま死んでいたわけです。


閑話休題



何気なく考えてみると今日は、このblogを立ち上げてからちょうど4ヶ月目。

う~ん、早いものです。

自分にしては、ごくごく普通に過ぎて行った4ヶ月間でした。

この勉強を始める前は、ここまで自分が勉強をするとは、とても想像できなかったので自分でも驚きです。


ほんと、皆様のお蔭です。

皆様の暖かいコメントに毎日励まされて、頑張っております。


一刻も早く、合格の報告が出来るようこれからも頑張りますので、今後もご声援お願いします。



本日の勉強:Regulation1 6回目視聴

明日の予定:Regulation1 6回目復習

本日はRegulation1の第5回目。

明日は、グループ会議+歓迎会のためあんまり勉強出来なそうなので、講義は一気に視聴しました。


しかし、講義のビデオ見てて思ったのですが講師の人の汗が凄い(笑)

ワイシャツの半分ほどが汗で染まっているのが分かります。
ネクタイも染まっているように見えるし。。


よっぽど暑いんだなぁ、と思わずにはいられない感じです。



そんなところ見てるより、講義に集中しろって感じですね。。。。

いや、でも凄いんですよ!!

PAP_0090.jpg

銀座の地下を改札に向かう途中、カエルのぬいぐるみを沢山並べているお店が!

別にカエルが好きなわけではないのだが、何となく立ち寄ってみた。


5分後、お店から出てきた私の手には写真のぬいぐるみが。
カエルじゃないし(笑)


でも、これ犬、、、ですよね??



赤い、マフラーが「正義のヒーロー」みたいだ♪

PAP_0089.jpg


順調に増えております・・・

明日は久々の土曜出勤です。

ここ最近は、比較的カレンダー通りの出勤だったので久々です。

土日の出勤はいいですよ、その分平日に休みがもらえるから。



会社入ってから、土日に髪を切りに行くことなんて無くなりました。

断然空いている平日に行きます。

午前中は特に空いていて、「美容師独り占め」見たいな感じ(笑)

お蔭で、土日に行くよりも凄い短時間で終わります。



代休は、来週の水曜日にしました。
勉強以外にもいろいろやりたいので、今からやりたいことのピックアップしています。


でも、その日は確かバンドのリハもあったような気が・・・

練習しなくちゃ。。。

本日は、昨日勉強した部分の問題を解きました。

テキストを読んでいる限り、そう難しいテーマでもないのに問題を解くとこんなにも間違えるのはなぜ??

問題数としては、余り多くないのにテキスト読んだり辞書引いたりと、だいぶ時間がかかりました。
それでもだいぶ怪しい・・


問題も解き終わって、まだ時間がたっぷりあったので次のテーマに行こうかとも思いましたが、FARE4の問題を再度解くことにしました。


FARE4の範囲は終わったら単位認定試験も受けなくてはいけないので、ソレを見越してのことです。


しかしまあ、最近勉強したはずなのに初めて見るような感じがするのは何ででしょう。。。


やばい・・・

明日からは電車の中は過去の問題を解くことにしよう。。

本日は、Regulation1の4回目「Debtor-Creditor Relationship」を学習した。

まあ、早い話が債務の保証についてだ。


私の勉強しているのは、U.S.CPA試験のためなので当然米国の制度についてだが、保証人、連帯保証人、共同保証など日本の民法にある概念と大体同じような気がする。


Surety(連帯保証人)はprimarilyに債務を負う。(第一次債務者)

Guarantor(保証人)はSecondarilyに債務を負う。(第二次債務者)


つまるところ、連帯保証人の場合「自分がお金を借りたのと同じ」というわけである。

借金取りがイキナリ自分のところに取り立てに来ても文句が言えないのだ。
(もちろん立て替えて払ったときは、元々の債務者に対して払った代金を請求できる権利を持つ)


逆に言うと、保証人の場合はイキナリ借金取りが来たら「まず、元々の債権者から取り立てろ」と言うことが出来る。
コレを日本では「催告の抗弁権」という。


また債権者が保証人に請求する場合は、元々の債務者が履行不能であることを立証する必要がある。
保証人は、まず元々の債権者の財産から強制執行するよう求めることが出来るのだ。
これを、日本では「検索の抗弁権」という。たしか。。



ここまでは、大学で勉強した内容と同じだなぁと思っていたのだが、気になる1文があった。


「債務者から担保を取っている債権者は、不履行を受けた際、物的担保である担保財産を支払いに用いるかどうかを選択することが出来る。(たとえ物的担保を取っていても、それを用いることなく、人的担保である保証人に支払いの請求をすることが可能である」

この、考え方は保証人のときにも適用されるのでしょうか?
この考え方だと、検索の抗弁権が崩れるような気がする。
だって、物的担保(たとえば土地建物)は元々の債務者の財産でしょ?
それなら、その物的担保が先に強制執行されないといけないのでは??


それとも、この考え方はSubrogation(代位)を考慮してOKなのかな?

Subrogation・・・主たる債務者の代わりに債権者に支払いを成した保証人は、債権者が有していた主たる債務者に対する権利と同一の権威を取得する。
つまり、代わりに支払った場合、債権者が取っていた物的担保をそのまま自分が担保として取れると言うこと。



う~む、謎だ・・・

どなたか、法に明るい方教えてください。

2006-03-15-143920.jpg


これ行きたい・・・

日曜日、同じくCPAの勉強をしている人たちのBLOGを拝見していて、ふと思った。

「もうちょっと、頑張らないとだめだなぁ・・」


私の周りの方はホント毎日頑張っている方が多い。


また、勉強を開始した当初は毎日机に向かうと言うところで、すでに大変だったのだが、最近はそんなに苦痛でもなくなった。
むしろ勉強しているときのほうが、気分が落ち着く(笑)


しかし、勉強することがそれほど苦痛でもなくなったと言うことに甘んじている自分に気が付いたのだ。


3時間のWEB授業の半分を見たら、「ハイ本日終わり」と言う感じになってしまっていた。


コレじゃいかん、みんなものすごく頑張っているのだから、私も頑張らねば。


と言うわけで、進めるペースを1.5倍のプランに変更した。
というより、勉強時間を1.5倍にした。


よし、月曜日から実践と思い、いざ4月3日の月曜日。






いきなり、夜間作業発生!!!


初日から計画倒れか~~~~。




いや、やりましたよ。。。

夕食代わりのゼリーを食べながら(昨日の夕食は"たらみ"のゼリーだけ)、FARE4キャッシュフロー計算のWEB学習。


そして本日、後半の部分を視聴してMCカード(問題集)。


睡眠不足のせいか、やけに頭が冴えているのは嬉しいのですが、食欲がイマイチありません(笑)





とりあえず、「もう、絶対ダメだ」というまで、このペースで頑張ります。


ちなみにこのペースだと、総ての科目が一通り終了するのが6月20日(うわっ、馬鹿だ。。。。)
7月中には絶対受験資格を満たしてやる。



明日の予定 Regulation1 4回目WEB学習

本日は、FARE1-3、BECの第7回目の授業。


本日で、FARE2、BEC2が終了した形となります。

いやー、ここの範囲はFARE、BEC供にだいぶ苦労してます。


問題が難しくて、ナカナカ思うように行きません。。


早くスラスラと解けるようになりたい。

練習あるのみですね。


BECはどちらかと言うと、試験全体から見ても計算が主体の科目で、力押しでもいけそうなので、定期的に問題を見るなりして忘れないようにしないと。。。


U.S.CPAは試験の数で言えば、4科目ですが内容で見ていくと、ものすごい数有るでしょう。

BECだって、管理会計、ファイナンス、経済学、IT、パートナシップ・株式会社というように、分野が分かれていますしね。


試験まで、全部を高めていかなくちゃいけないのだから、大変だ。


みなさん、ホント凄い。。。




明日の予定、
FARE4 3回目web学習

今日から、新年度。


とはいえ、所属は結局変わらなかった私なので、たいした変わりはなさそうです。

まあBOSSが変わるのは大きいことかもしれませんがね。


さて、新年度を迎えたと言うことは当然気にしなくちゃいけないことがあります。

ソレは何か??


皆さんの会社にも「個人目標」なるものを自分のBOSSに提出すると思います。

例外なく私の会社も、個人目標があり、その中には「今年度狙う資格」なる欄があります。



「U.S.CPA」とでかでかと書きたいのは山々ですが、なにぶんお忍びな身分の私は、そんなこと書けません。


と言うことは、何か別の資格を別に狙わないといけません。


一昨年はwindowsの資格を取りました。

去年は、Networkの資格を取りました。


今年は何にしよう・・・

やっぱり、最近流行のLinuxかしら。。


というか、そんなの勉強している余裕あるのかしらん・・


本日はRegulationの3回目を勉強。

朝から勉強できると言うのは実に、気分がいい。

やっぱり疲れていないときの集中力は、バツグンですね。


今回のテーマは、動産担保取引と手形・小切手。


ここでもやっぱり出てきました、手形の裏書の問題。


冒頭、講師の方は手形の裏書の辺りが一番の山場で難しいところです。

と言っていたわりに、サラッと説明が終わったような気もするが、まあ思い違いだろう・・・



実際、実務で手形を全く扱わない方はイメージするのが難しいだろう。

というか、私もその一人である。

私の中での手形の知識は、大学で学んだ商法の知識の範囲内+「ナニワ金融道」でしかない。


ナニワ金融道は一時期流行ったサラ金業者が主人公の漫画であるが、手形等のイメージをつかむには実にいい題材である。


大学でも、つまらない教授の書いた教科書より、こちらのほうを採用すればいいのにと、何度思ったことか。。。


読んだことの無い方は、是非読んでみてください。

お金の怖さが、今まで以上に分かると思います。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。