召しませ?U.S.CPA

元U.S.CPAを目指して・・・ 受験生、合格者が有意義な場所を目指して新装開店! CPAの勉強論点やTopicをA la carteでどうぞ♪

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日の目覚めは、なんだかとてもスッキリしていた。


おかげで電車の中で問題を解くときにも随分冴えていた気がする。


いつも電車の中では、MCカード(単語カード形式の問題集)を解いているのだが、だいたい解き始めて10問程度やったところで眠くなる。
眠くなると問題文が英語と言うこともあり正答率が下がるのは言うまでも無い。


しかし今日は冴えていたせいか終始眠くならず集中できた。

やはり、集中力って大事ね。
お蔭様で正答率もナカナカいい感じでした。



今日で一応FARE2の問題集を2回解いたことになるので、明日からはBEC2の問題集2回目を始めようと思います。
やっぱり、勉強したての時に知識を定着させるほうが効率よさそうですしね。



それにしても、何か目標を持って勉強するのはホント楽しい。
そりゃ、他にもやりたいことは山ほどあるが、この勉強から卒業できたときに好きなだけ出来ると思えば、張り合いも出てきます。

終始この気持ちが維持できれば目標達成も夢じゃないなぁ、とおもう今日この頃です。

スポンサーサイト
私は寝相は悪いほうだとは思わないが、ここ最近の状況を考えるとやはり悪いのだろうか? と考えを改めなくてはいけないのかと思う。


それは、なぜか?



簡単である。

起きたときの首の痛さが半端じゃないのだ。



特に今日の痛さは、過去最高記録。

金メダルモノ確実だ。


よく、(車が)追突された人がムチウチになって、首にギブスをするというのは聞くが、今日の私はほんとギブスをしてもらいたいぐらいの痛さだっ!。


前も向いてても痛い、横なんて当然向けない。
下を向くのもムリ、天を仰ぎ見るものなら涙が止まらない。



どんな体制でも、痛さは治まらずついには吐気がするほど・・・


う”~、誰かどうにかしてくれ~~~。



寝相をビデオにでも撮ってみようかとマジ考えてます(笑)

本日のBEC授業はCVP分析の授業だった。

CVP分析とは、たとえば物の製造に関係するコストを変動費と固定と言う2つのカテゴリーに分け、ソレをグラフ化することによってさまざまなことを分析しようという手法だ。


変動費とは?固定費とは?と思うかたも居るだろうが
そんな人は携帯電話の通話料金を思い浮かべて欲しい。

携帯電話の通話料は主に次の2つからなっているだろう。

基本料金+使用したぶんだけ発生する追加料金。

このうち基本料金は使用してもしなくても毎月一定でかかるものなので固定費、追加料金は使えば使うだけ料金がかかるので変動費という区分けになるのだ。


celler.gif

図で書くとこんな感じ。
まあ、この辺までは皆さん普段意識していなくてもなんとなく分かる話でしょう。



さて、CVP分析では原価の関数と、売上高の関数を使用して
「利益をX出すときの販売量は?」とか
「損失も利益も出ないポイントの販売量は?」とかと言った分析を行います。
この利益も損益も出ない収支がトントンの時のポイントをBEP(Breakeven point)と言います。

20060226172736.gif




さて、ここからは私の通っているスクールがテキストに載せている解説です。
ハッキリ言って、わたしにはこの解説で理解するのは無理です。
というか、この解説でバッチリ理解できた人はよほど数字に対するセンスがある人でしょう。


CVP分析を行うに当たっての基本は
利益=売上高ー変動費ー固定費と表されます。

一方(売上高ー変動費VariableCost)を貢献利益(ContributionMargin)と言います。

以上を踏まえると

Profit=(SaleーVariableCost)ーFixedCost
=CM-FC
=UCM×Q-FC UCM:単位あたりの貢献利益 Q:販売数量

BEPはP=0の時なので
CM=FC となり
BEP時のQ=FC/UCM


コレだけです。

テキストの解説は、タダ数式を変形させて答えを出して解説しているのです。
たぶん、初めてCVPというものを勉強した人は「暗記」の一言で片付けてしまうでしょう。


確かに、暗記すれば答えの出し方は簡単かもしれませんが、多分直ぐに忘れるでしょう。




別に、奢っているわけではありませんが私だったらもうちょっと分かりやすい解説が出来ると思います(笑)

先ほどの解説は忘れて、下を見てください。


20060226174258.gif



この図のように、CVPを考える時はX軸を販売数量(Q)
Y軸を金額とします。

まず、赤の直線を見てください。
赤色の直線は売上高を表しています。

売上高は、単価×販売量で出るのは直感的に分かりますよね?

100円のジュースを10個売ったら売上高は1000円ですよね。


つまり、S(売上高)=単価×Q という1次関数になります。


次に青色の直線を見てください。

青色の直線は原価を表しています。


いま、物を作っても作らなくても一定で発生する固定費がF円
物を1つ作るのに必要な変動費がV円だとすると

Cost=V×Q+F で表せますよね?

分からなかった方は、もう一度さっきの携帯電話の例を思い浮かべてください。
Fは基本料金=一定で発生する料金
Vは使用したぶんだけかかる追加料金
Qは通話時間 です


さて、BEPとはどういう時の事だったでしょうか?
BEPは収支がトントンの状態=利益が0の時のことです。

利益が0と言うことは、売上高ー原価=0と言うことですね。


つまり、先ほど求めた2つの式がイコールの時です。

S=単価×Q
C=V×Q+F

上の2式がイコールなので
単価×Q=V×Q+F

これをQについて解けばいいのです。


もっと簡単に言うと、上の2つの直線の交点を求めればいいんですね。

CVP分析は上の図が描ければ、公式なんて覚えていなくても解けるんです。



それでは、例で見てみましょう。



あなたは竹とんぼを作って子どもたちに売る仕事を始めました。
竹とんぼを作るにはナイフと竹が必要です。
竹とんぼの販売代金を100円
ナイフ(固定費)が1万円
1つ作るのに必要な竹の代金が10円
これ以外に費用は発生しないとすると、最低でも何個売れば元が取れますか?(BEPを求めよ)


さて、今のところを図で表したのが下の図です

20060226180439.gif



竹とんぼの売上高Sは100円×Qですね。
S=100円×Q

一方竹とんぼは1つ作るのに10円の竹が必要なので原価の関数は10円傾きで上っていきます。
また、ナイフ(固定費)は竹とんぼを使っても使わなくても発生する費用だとすると
C=10円×Q+1万円となるはずです。


この時、元を取るために必要な販売数量は
2つの直線が交わるところ(利益が0の時)だから
100円×Q=10円×Q+10000円 
Q≒111個

BEP=111個と分かるわけです。


とまあ、しちめんどくさい計算を見てきましたが、皆さんなら直感的に分かるはずです。

竹とんぼを1つ売ると100円ー10円=90円の儲けが出ます。(コレをcontributionMarginと言う。日本語で言うと貢献利益だ)
この90円の儲けでナイフ代が回収できた時の販売数量がBEPなんですね。


たったコレだけのことなのに、学問的にやると面倒ですね。。。




今日は、明日の授業の為に、明日の授業の範囲の復習。


1回問題を解いたっきりだったので、正答率は80%程度。
にせカンペキ主義傾向の私は、ちょっと納得いかない結果でした。


どういうところで間違えるかと言うと、解き方を忘れているとか、用語の意味を問われるとかと言った「知っていないと解けない」ところじゃなくて、「英語の意味が正しく分かっていない」ところで躓きます。。
だから尚更悔しい~~


高校のときも、大学のときも「分からない単語は類推すりゃいいんだよ」って思いながら勉強していましたが、やっぱり知っているのに越したことは無いですね。


これからはちゃんと辞書も引かなくちゃ。。。

最近のどが痛くて、鼻水が出ます。


私は、のどから風邪を引く人なので


「ヤバイ! 風邪だコレは!!」


とおもい、栄養剤、風邪薬を飲んでいました。

風邪は引き始めが肝心です。



しかし、今日気がつきました。



「これ、花粉症では??」



そういえば、数日前は少し暖かったような・・・



明日病院にでも行くとしますか・・・



花粉症ってホント不便だ・・

今日は、「新宿さぼてん」でトンカツを食べた。


私の使用している最寄り駅にあるのだ。



久々に「さぼてん」で食べましたがやっぱり違いますね~。


家で食べるのと比べると、お肉が凄く柔らかくて♪



「さぼてん」で食べたことのある方なら、ご存知かと思いますが、ゴマが出てきます。


すり鉢と、擂り粉木と白ゴマ。


あの、すったゴマはどうやって使用するのが正しいのでしょうかね?

私はいつも悩むんですよ。



すり鉢の中にソースを入れて、そのソースをトンカツに掛ける人


ソースを掛けたトンカツの上に、振りかける人


まちまちです。


ちなみに私は後者のほうです。



さて、本日もオーダーの後、いつものようにゴマが出されました。

年の頃は学生さんでしょうか?

後ろで髪を結わいた可愛い感じの女性が、持ってきてくれました。



「出来上がるまで、ゴマをすりながらお待ちください。」


(誰に??)


って思いましたが、笑顔で「はい」と答えたのは言うまでもありません。



本日はBEC2最後の「リスク、リターン」を勉強しました。


Aという株式を買うときのリスクとリターンが幾ら幾ら・・・
Bという株式を買うときのリスクとリターンが幾ら幾ら・・・
それぞれの確立が与えられているとき、A・Bあわせて買うとどういうリスク、リターンになるか?
といった感じの内容です。



いやー、このへんはもう数学ですねぇ。

私は大学で、経済とかも授業とっていましたが、モロ数学ですからね、経済とかは。


株の動きの予測、経済の動き等々カナリ凄い計算になります。


それなのに、経済学科とかって文系受験で来る人が多いじゃない??

大変そうですよね。


私は、高校時代「隠れ文系」でしたので一応数学も物理も全部やりましたので、大学の授業それほどきつくは無かったですが、文系出身で来てた友人は、微分積分、線形台数等カナリ泣かされていました。


統計学とかも結構すさまじいしなぁ。


キット今の文系は、コンピュータはもちろんのこと、数学も出来なくちゃ厳しいんです。


というか経済学部を理系にすればいいのか。。。



今日から、仕事が山場に突入です。

来月は決算月なので忙しいのは目に見えていますが、
私は今週からフル回転の1ヶ月半の生活となります。

うう、睡眠時間がちゃんと取れるか不安です。


本日は、受取手形と支払手形のお勉強・・・

今まで、金利の設定とかを特に考えていませんでしたが、現在価値に直す勉強をしてからというもの、出てくるもの出てくるもの総てが現在価値を考慮します。



なんだか、考慮すること・計算方法がいろいろと出てきて混乱しそうです。


FARE2が終わっても3に進まず、もう一度復習しようかしらん。

一通り終わってからもう一度見直すと新しいことを発見したり、より理解できたりするじゃない??


FARE2の授業まで待ってもイインだけど、FARE2の授業は3月12日からだしなぁ。


ソレまでまってたら忘れそう(笑)



ここ最近の勉強で、カンペキっ!

って思ったのは社債の計算だけだわ・・・

昨日の宣言通り、英会話教室行きました。


実に1ヶ月ぶり以上でしたが、まあまあ喋れた感じ。



というか、リスニング能力がなんだか上がっている気がします。



問題文を毎日音読しているせいでしょうか??


音読は自分が喋るということ+自分が喋ったものを聞くという2つの効果が合わさっているんですね。

小学生の頃、音読の宿題が毎日出されていたことの重要性が、数年たって初めて分かりました。




っと、それにしても首が痛い・・

どうも寝違えたらしいのですが、今回の痛さは極悪です。。。



おかげで全然首が回りません。

目薬差すのも一苦労というか、痛さで手が震えるのでマトモニ目薬がさせません。


そんな中英会話教室に行くと、担当の先生の動きがおかしい。

どうもロボットのような動き。


聞くと、腰を痛めたらしくて激痛が走るそうだ。


そんなこんなで、首がオカシイ生徒と腰がオカシイ先生が不自然な動き(ジェスチャー)を交えながらの授業となりました。


お互い笑顔が引きつってました(笑)

いやー、今週もやっと終了です。
まだ、明日もありますが、お休みなので終わったも同じような感じ。


土曜日がお休みってホント久しぶり。

ここのところ仕事続きで全然英会話教室行けてなかったのですが、明日は行けそうです。



しかし、英会話ってちょっと行かないと直ぐにしゃべれなくなるんですよねぇ。

単語が出てこない、とか文法が分からなくなるとかじゃなくて、文が続かないというか話が続かない。。。



もう通い始めて3年ほどたちますが未だに全然喋れていない気がします。。。



よく、英会話教室に通っていると言うと「英語が出来るんだ!すごいね!!」と誤解されますが、違います。


はっきり言って英会話教室に通っても英語が出来るようになるわけではアリマセン。


そりゃあ、英語を話すには単語や文法に対する知識が深いといいことは言うまでもありません。

でも、重要なのはボキャブラリーじゃありません。


「話そうとする心がけ」が一番重要です。


日本人は中学、高校と英語を6年間もやってきているのだから、簡単な英単語や文法ぐらいだったら、誰でもわかると思います。


なので、英会話に通い始めたてな人でも最初の一文ぐらいは話すことが出来ます。


ただ、重要なのはそこから如何に文をつなげて話すことが出来るかということです。

これは、日々のトレーニングが重要です。
単語を知らなくても、文法が分からなくても「話すんだ」という心がけを持って話すと、ちゃんと向こうも聞いてくれますし自分の成長にもつながります。


また、集団レッスンの場合は「自分から話す」という心がけが無いと、あまり効果はないと思います。

話題に対して、素早く反応でき、かつ自分から意見を言う。



要するに、英会話教室は度胸をつけるためのレッスンです。


日本語は「謙虚」をウリにしている言語かもしれませんが、「英語」は説得させるための言語です。

自分から話しかけて自分のペースに引きずり込まないとダメです。


これが、3年間の間に学んだ一番のことです(笑)

最近のお勉強は、投資の意思決定についてで、先日お話した金利・将来のお金の現在価値等、もろ計算問題だ。。。



いやー、授業を聞いているとそんなに難しくないのに、いざ問題を解き始めると全然分からないのはなぜでしょう。。。



答えは簡単です。

問題をちゃんと読めていない(--;)


「問題が日本語だったら3割は問題が簡単になるのになぁ」と思う毎日です・・・



英語の読み間違え多すぎ・・・




と、英語のせいばかりにしてもいけませんね。
解説見ても ? のところ多々あるし。。



頑張らねば・・・




今週末から、やっとこさU.S.CPAコースの授業が始まります。
いままで、予習した分の復習もしなくちゃ・・・


一応、授業を受ける前に予習+問題を解く→授業前日に問題を再度解き疑問点のピックアップ→授業 という理想系を目指してます。


学生の頃コレができていたら、東大も楽勝だなキット

最近、呪われているかも・・・・



今朝、コンタクトレンズを落とした。


朝起きて、寝ぼけながら、ふつーにコンタクトを外してケースに仕舞った。

ハードコンタクトを使用している方ならわかると思うが、私に使用しているケースは
筒状のケースで、両端の蓋にU字型のキャッチャーがついているのだ。

そして、外したコンタクトをそのケースに「カチッ」っとはめるのだ。
(もちろん精密なコンタクトなため、「カチッ」と音がするほど強力なキャッチャーではない)


私は、いつもキャッチャーにはまったコンタクトをそのまま水道水ですすいでいる。

どうも指先で擦り洗いをするのがニガテというか怖いのだ。
なので、キャッチャーに嵌めたまま水ですすいでいる。



すすぎ終わったレンズを筒状のケースにつける時、気がついた

「あれ? 片方無い!!」



見ると、右目用のレンズがキャッチャーにはまっていないのだ。



すぐに、洗面台を舐めるように見るが、見当たらず・・・

私の家の洗面台は、別に私のためにというわけではないが排水口に網がついているタイプで、
どうみてもその網の目からコンタクトが流れるという大きさではない



落ち着け、落ち着くんだ。


コンタクト暦ウン年の私。
何も落としたのは何も初めてじゃない。


こういうときはどの場面で消失したのかをもう一度振り返ってみると見つかりやすいというものだ。


まず、朝起きたときはどうだったろうか??

・・・いや、ここまでさかのぼる必要な無い。。。


思わず自分に突っ込みを入れつつ、外した後からを考えてみる。


まず、最初左目を外した。


次に右目を外した。


そのとき確かに外してキャッチャ-につけた。



すすぎのタイミングではどうだったろうか?

う~ん、寝ぼけてて覚えていない。。。


というか、普通落ちたなら「チッ」という感じの音がしてもいいはずである。


それが今回はまったくしていない。


だから、ケースにつけるタイミングではじめて気がついたのだ。


床を舐めるように見ても無い。
洗面台を見ても無い。
服を調べても無い。
・・・・


よっぽど、今日会社を休もうと思ったのだが今日は11時から客先で会議があるのだ。
しかも私しか出席しない。



結局ギリギリまで探したが、見つからず。


実は私のコンタクトは普通のとは違い、視力矯正用のコンタクトなのである。

片目で45,000円・・・・・




ふぅ。。



どうも最近アンハッピーなことが続いている。


今日はコンタクトを落としたし、

先日は、・・・ えーっと・・・・

・・・・


まあ、よく覚えていないのだが何か不幸なことがあったはず!


はぁ~~~ なんかいい事ないかなぁ・・・


今日の夜はショックで良く寝れそうだ(違)

昨日の続き・・・


例えリースの契約であっても、きわめて買ったという状態に近いものはローンで買ったというように処理するとお話しました。


たしかに10年しか使えないものを10年のリース契約をしたのだったら、もう買った言ってもいいでしょう。



では、なぜわざわざそのように読み替えないといけないのか??



答えは簡単です。



資産と負債の関係が変わるからです。




昨日、ローンだと自分のものになりリースだと借りただけ、という話をしましたが、まさにコレのことです。



ローンで買った場合、自分のものになる=資産となる ということから貸借対照表(会社の財産の一覧表みたいなもの)にバッチリ表示されます。
そして、ローンで買ったということは借金が増えたということ。
これもバッチリ表示されます。



一方、リースで契約すると、リースは物を借りただけの取引なため、貸借対照表に表示されません。
また、リースということで借金も増えません。



仮に、Aさんは10年で寿命の10万円の鉛筆削りを10年ローンで、Bさんは同じものを10年リースで契約したとします。


契約時のAさんは10万円の借金を背負うのに対して、Bさんは借金ゼロです。

これでは、全然違います。



誰だって、借金の無いリースのほうがいいと思うでしょう。



このように、リースによる隠れ負債を表示させるために、ほぼローンと思われるものはリース契約でもローンと同じように処理させるのです。



ちなみにこのジャンル、日本とアメリカでは「どこまで行ったらローンにするか?」という会計基準が大分異なります。
日本のほうが基準が甘く、隠れ負債を許している現状があります。



日本もアメリカの基準、国際基準に近づけてきている今日。
間違いなく注目のトピックスでしょう。。。

「会計って、実によく出来ているのだなぁ」って思うときが時々ある。


リース会計なんて、実にイヤラシイというか、ちゃんと出来ている気がする。



リースと比較されるといえば、何でしょう?


突然言われても、直ぐには出てこないとも思いますが、リースはあらゆる場面においてローンと比較されます。



「はぁ? リースとローンじゃ全然違うじゃん!」



と思う方も多いでしょう。



私も最初そう思いました。


では、どこが違うのでしょう?

たぶん皆さん、ローンの場合「買った」のだから自分のものになるのに対して、リースの場合「借りた」だけで、後で返すと考えるでしょう。


これは、ある意味正しいですが、ある意味完全ではありません。




次の場合はどうでしょう?

あなたは、10年間使える鉛筆削りをリース会社から10年間借りる契約をした。



10年間しか使えない(10年たったら壊れちゃう)鉛筆削りを10年間借りる契約というのは、「借りた」と言えますでしょうか?


もう、買ったと言うのと同じですよね。
リース会社だって、わざわざ返さなくてもいい、って言うでしょう。



この場合、たとえリースの契約だとしても、「買った」という事で処理をします。
そのほうが、実態に近いと言えますよね。



ところで、リース(借りた)とローン(買った)ではどこが違うのでしょうか??


明日に続く・・・

先日、騒いでいたマーケティング。



実は大したこともなさそう。



たとえば次の問題。

In a period of recession, which of the following products would probably see the smallest negatibe impact on sales?
(不景気の時でも売り上げに影響が少ないのは?)

1.Nike sportswear
2.Sunmed holidays
3.Sony telebisions
4.HP baked beans



これ別にマーケティング論を知っていなくても解ける問題である。




答えは4


不景気でも、食品業界は影響が少ないのだ。

不景気だからって食べる量はそんなに減らないでしょ??




こんなのもある


____ is the value of the benefit that is given up by selecting one altermatibe rather than another.
(ある案を選択することによって放棄する利益とは____である。)


1.Benefit loss
2.Opportunity cost
3.Priviledged cost
4.Selecting cost




これは、もちろん2が答えですね。
1,3,4の選択肢の意味が分からなくてもいいんです!
機会損失っていう言葉さえ知っていればなんとなく解けます。


そんなこんなで、勉強初めて3日目。
すでに、「貰ったな・・・」と内心思っているのですが甘いですかね???


先日、1等のハワイ旅行が2つも当たったという夫婦のニュースを見た。


ちなみにお年玉つき年賀はがきのことである。


凄いことだ。。。



年末ジャンボでさえ、300円1本しか当たらなかった我が家とはものすごく違う。




そんなこんなで、全然くじ運の無い我が家。

ソレが原因だというわけではないが、今年は全員が年賀はがきの存在を忘れていた。


チチ「おいっ、うちのはどうだった??」



ハハ「さぁ、あんた見たんじゃないの?」



チチ「見てないっ!」
  「KOJI持ってきなさい!!」




こんなラッキーな家族を見た後である、当然家族全員が色めき立った。

多く当たった家族がいるということは、その分取り分が減っているということに、直ぐに気がつくようなカシコイ頭を持ち合わせているものは誰一人といない。

みんなオメデタイ人間なのだ。




KOJI「もっ、持って来たよ」



チチ「よし、じゃあまず枚数から数えるか!」
  「ひい、ふう、みい・・・」



枚数から数えること自体オカシイきがするが、この場では誰もが雰囲気に飲まれていて気がつかない




チチ「186枚ある!!」


  「これだけあれば、硬いな!」





ハハ「そっ、そうね」



何が硬いんだかさっぱりである。。。
思わず同意しているハハもすでに正常な思考回路が無い。




インターネットで調べてきた番号表と一枚一枚照らし合わせ始めるチチ。



とはいえ、くじ運の無い我が家、全然かすりもしないのは当然といえば当然。




そんな感じだと、途端に興味がなくなるのがハハと私。



なにせ、2人とも「飽きちゃったから、(ごはん)残そっと」が口癖な人間である。(お百姓さんゴメン!!)
もう、興味を失ったハハは洗い物を片付け始めてるし、私はお風呂に入ろうとしていた。



そんな中「うわぁ~~~~」とチチの嬌声。




ハハ「えっ? 当たったの??」





チチ「凄い惜しかった。。。」





ハハ「なんだ、どの位惜しかったの??」





チチ「1等の番号と数字が2つ一緒だった!!!」




全然ダメじゃん。。。。。





結局我が家では、切手シートもあたりませんでした・・・・


先日のマーケティングもそうだし会計学等、今までの勉強範囲は実は大学で触り程度のことは勉強してきているようだ


というもの、教科書を見て、あーだこーだ考えているとあっ、これ勉強したことある」とたまに思い出されるトピッククスに出会うのだ 。



なので、今は実に懐かしい気分を味わいながら勉強している。




そして懐かしいところを勉強していると、だんだんと記憶が戻ってくる



「あー、この授業やたらと眠かった」


「あー、この教授禿げてたな。。」


「あー、これテストに出たけど、解けなかったのだ


「あー、これ、ウチのゼミの教授が出した問題で、しかも原価率の設定
間違ってたために、答えが割り切れなかったのだ

などなど




授業の内容は、全然覚えちゃいねぇ。。。。







ふぅ・・

さて、今まで「Financial Accounting & Reporting」「Business Environment & Concepts」の2教科を勉強していたのだが、本日から新しい仲間が増えた。


その名も、「Managing Marketing」

まあ、いわゆるマーケティングというのだろうか。。。




なんで、今日から新しいラインナップになったのかというと、
今まで勉強していたのが終わったというわけでは全然なく、
コレには深いわけがあるのだ。



以前、"受験条件を確認しよう2"の回で以下のような単位を取得しなくてはならないと言ったのを覚えているだろうか?


『ビジネス』
Microeconomic Theory
Managerial Economics
Ethics and Governmental Regulation
Managing Marketing



そう、ビジネス単位の中で「Managing Marketing」が必要なのだ。


そして、「Managing Marketing」の単位だけは、いまやってる受験勉強のコースだけでは勉強できないのだ!


そのほかの、たとえばマクロ経済学とかは「Business Environment & Concepts」の中で取り上げられているトピックスなため、特にソレのために別立てで勉強する必要も無い。



そして、今の時期にやるのにも理由がある。



私は来年の2月頃の受験を予定している。



来年2月に受験しようと思ったら逆算で受験の申請を今年の10月頃には出さなくてはいけないのだ。



どうも、受験票の発行をする組織の対応が恐ろしく遅いらしく、3ヶ月以上余裕を見たほうがいいらしいのだ。。。。


ということは、10月には受験条件をクリアしている必要があるということ。
私が必要な単位は後半の授業に集中しているため、後半の負担を軽くするためにも、今の時期に勉強することに決めた。


まあ、この科目だけは授業が関係ないというなら、全く始めたての今でも勉強できるということだしね。。。



ま、頑張りましょ

久々に2連休だった私。


ここんところ、おかげさまで忙しかったので休日も実に不定期だったので連休は実に正月以来でした。


いやー、暖かい部屋でボーっと勉強している時間。


いいですねぇ。



朝起きて ご飯
勉強
昼ごはん
勉強
眠くなったら 昼寝
起きたら、ちょっと教科書読んで
夕食お風呂
勉強
就寝



こんな生活、2日以上したら社会人に戻れなくなりそう(笑)





さて、この2日間は十分勉強できたのですが、勉強内容と言えば殆ど金利について



企業の経営は、長期負債、短期負債、社債などなど、借金とは切っても切り離せないものです。


そして、借金すれば必ずといってもいいほど金利が付いて回ります。


そして、金利の支払いと会計年度は必ずしも同じとはいえないので、「今期どれだけ費用とするか?」等、いろいろと問題になるわけです。




金利と言えば、当然借りる場合だけに発生するものでなく、貸す・投資する場合にも発生するものですよね。




問題文の金額が大きい&金利が5~12%と高いため、「自分も余裕資金を投資信託に回したほうがいいカナ」と思わず考えちゃいます。


会計系のお仕事をされている方は、やはり投資や株といった資金運用をやっている方が多いみたいですが、そこには「お金の計算に関するエッセンスを持っているからという理由だけではなさそうです。



まあ、貧乏サラリーマンには、まとまった余裕資金なんてアリマセンのですがね。。。

今日、こんな記事を読んだ。


株価に一喜一憂する子供たち



最近は、子ども用の投資向けの口座があるとは聞いていたが、まさかここまでとは。



記事の中には、ホリエモンに影響され学生企業家を目指す中学生、授業の合間を縫ってデイトレードをする女子高生、中には小学生までもが出てくる。



正直言って愕然とした。。



別にホリエモンがやった「マネーゲーム」を悪いとは思わない。
会社の経営だって、ある意味「マネーゲーム」なのに変わりなく、常に顧客との駆け引きなのだから。


だが、まだ働いても居ない学生が、株の投機をやって勝った負けたをやるのは賛成できない。


文中にもあるが、お金がお金を生み出すことを知ってしまったら将来働かなくなるのは目に見えている。
誰だって、楽したいんだし。


大人の中で、株をやっている人は「お金に余裕のある人」or「機関投資家」で、機関投資家はちゃんとファイナンス、経済を勉強して常に業界の変動、世界の動きを見ているプロの人達であるし、彼らはソレが仕事なのである。


小学生や中学生や高校生が、プレイステーションと同じ感覚でやっているのとは訳が違うのである。

小・中・高校生が企業の財務分析をするか?
業界のバランスを分析するか?
世界の動き、物の流れを見てその企業に与える影響を計算するか?
決算書が読めない大人が殆どだと言うのに、子どもがそこまでするとは思えない。



日本は、小学生の株投資とか変な所が進んでるような感じで、逆に借金について何も知らなかったりする。


はっきり言って、日本の消費者金融の数は異常。
日本人が借金について、債務責任について、金銭感覚について知らなさ過ぎるのを物語っています。


保証人と、連帯保証人の違いについて分かりますか?
普通の保証と根保証の違いが分かりますか?
じゃなくても、ローンでモノを買ったとき月々の支払いのうち幾らが元金で幾らが金利だか、自分で計算できますか?



中学生に株式投資の何たるかを教える前に、お金について、借金について、基本的な商法、民法について教えるべきではないのでしょうか??

昨日、映画で「風の谷のナウシカ」をやっていましたね。
特に見るつもりもなかったのですが、ご飯を食べているときにかかっていたので、つい最後まで見てしまいました。

実際、もう20年以上も前の映画になるんですね。

ナウシカの劇場公開は1984年らしいので・・・


冒頭、ナレーションで「原作から24年たった今でもナントカカントカ」と"坂上みき"が言っていました。


たしかに、原作のスタートから24年たちましたが、原作が終わってからは12年しかたっていません。。。


ナウシカというと、宮崎作品の中でも「古い」作品と見られがちですが。原作の漫画が終わったのは1994年です(笑)


最終巻の単行本の発行に至っては1995年です。
ちなみに、「もののけ姫」の劇場公開が1996年。



こう考えると、実にスタートからゴールまで13年もかかっていた漫画だったのですね。



ご存知の方も多いと思いますが、映画のナウシカと原作のナウシカは、かなーり違います。
時代の設定も、世界の設定も、キャラの設定も微妙に違いますので、違う作品として捕らえるほうが正しいでしょうね。


映画のナウシカは、クシャナ=悪 vs ナウシカ=善 の対立として描かれていますが、原作ではクシャナ、ナウシカ等ひっくるめての宗教戦争という感じです。


ナウシカがクシャナの戦隊加わって戦う場面もあり、クシャナが政略結婚する場面あり、アスベルが大活躍する場面ありと読み応えは十分にあります。


昨日の映画を見て興味を持った方は是非原作を読むことをオススメします。


↓amazon
風の谷のナウシカ 全7巻セット

ノーリスク&確実なリターンの儲け話とは?


昨日の続きです。


さて、世の中には金利と言うものが存在するため「今の100万円」と「10年後の100万円」は価値が違うということを昨日お話ししました。


仮に、今金利が5%だったとしましょう。

今手元にある100万円を銀行に10年預けておくと

1年目 100×1.05=1.05
2年目 105×1.05=110.250
3年目 ・
・   ・ 
・   ・
10年目 155.133×1.05=162.889

10年後には162万円にもなっているのです。



では、10年後の100万円を今の価値に直すといくらになるでしょう?
100万円を金利で割っていけば答えは出ますね。

1年目 100÷1.05=95.238
2年目 95.238÷1.05=90.703
・   ・ 
・   ・
・   ・
10年目 64.461÷1.05=61.391


10年後の100万円は現在の価値にすると61.391万円にしかならないことが分かります。

つまり61.391万円を10年間銀行に入れておくと100万円になると言うことですね。



さて、このからくりを使うと実はとある通販で儲かることが出来ます。
それは、かの有名な「ジャパネットたかた」です。

「ジャパネットたかた」のウリとは何でしょう?


もちろん安いこともウリの1つであるでしょうが、一番のウリは「金利、手数料」を負担してくれると言うこと。


たとえば、今あなたが100万円のお買い物を「ジャパネットたかた」でしたとしましょう。

普通、ローンなんて組みたいくないから、手持ちに余裕があったら現金で買っちゃいますよね。
でも、考えてみてください。

「金利と手数料」を負担してくれると言うことは、「ローンで買っても現金で買っても総額は同じ」と言うことです!


それなら、なるべくローンの返済期間を長くしたほうがお得なのはなんとなく分かりますよね?


えっ、混乱してるって?

じゃあ、どの位違うのか見てみましょう


100万円を現金一括で買った場合
今必要な現金:100万円


100万円を年10万円ずつ支払いの10年ローンにした場合。
銀行残高xx円の動き
1年目 銀行残高xx円-10万円
2年目 (銀行残高xx円-10万円)×1.05-10万円
3年目 2年目の銀行残高×1.05-10万円
・   ・ 
・   ・
・   ・
10年目 9年目の銀行残高×10.5=10万円 となるわけです。
(10年目は9年目の銀行残高に金利の1.05をかけた金額が最後の支払いの10万円になればいいということです)
上の表を逆算すると1年目には810,782円の銀行残高があればいいということになります。


これすなわち、10年のローンで組んだ場合、あなたは銀行に810,782円を入れておけば10年後には100万円の支払いが金利のマジックによって達成されていると言うことですね。


上記の場合だと19万円も得できちゃうのですね



「ジャパネットたかた」はこんなサービスをしていても大丈夫なんですから余裕あるんですね。。。


注)・実際には月払いのためもっと計算は複雑です。
  ・「ジャパネットたかた」の最高ローン長は72回でした
  ・金利手数料無料=ローンと現金一括の値段が同じ、と言う前提で設定しています。

「10年後の100万円って今の価値だといくらかなぁ?」

こんなことを言うと


「ハァ???」


と思う方もいらっしゃるでしょう。
そりゃ、貨幣単位がいきなり変わったりしない限り
今の私が思う今の10万円と
10年後の私が思う10万円の価値は一緒でしょう。


でも、じゃあ逆に考えてみてください。


「今の100万円は10年後だといくらかなぁ?」


やっ、やっぱり意味不明ですか?



それじゃ、こうではどうですか?


「10年後に100万円返すから100万円貸して♪」

こう言われたらあなたは

「ちゃんと、10年分の金利も付けてくれなきゃ貸さない!」って言うでしょう。



どうです?ピンときましたか?

今の100万円と10年後の100万円は価値が違うのですよ。

そこには金利(interest)と言うものが存在するからです



10年後の100万円を今の価値に直すといくらなのか?

会計では非常によく使う考え方です。

現在価値 Present value と言います。


実はこの考え方を知っていると「コレは儲かるじゃん」って言うのが実に身近なところにあるということが分かります。
しかもノーリスク&確実なリターン


いったいどういうことなのか?


明日に続く・・・

さて、勉強も始めて軌道に乗り始めたこの頃、思うは「そういや、受験条件の単位はどうなってたカナ」。。。

U.S.CPA受験の際には、さまざまな受験条件があり、ソレによって合格後「会計士」と名乗れるかどうか分かれる、と言うことは以前お話しましたが、そういや、私の受験条件はどうなっていたのかを再度確認してみた。


私の出願しようとしている州は、4大卒+総単位150以上+会計単位24以上+ビジネス単位24以上 である。

一方私のデータとしては

総単位123 会計単位10 ビジネス単位結構。
散散である・・・

コノ足りない単位を、通っているスクールの提携している大学で単位認定試験を受けて単位を取得しなくてはいけないのだ。


とはいえ、何でもかんでも取ればいいというわけでもない。
原価計算等、初歩的な単位はすでに持っているからだ。

その辺を考慮すると、必要な単位は

『会計』
Advanced Accounting
Accounting for Non-profit Organization
Business Taxation
Auditing
Auditing Standards and Practice

『ビジネス』
Microeconomic Theory
Managerial Economics
Ethics and Governmental Regulation
Managing Marketing


大分あるな。。。。


まあ、確かに普通大学で「非営利組織および政府の会計」とか「監査論」「税法」なんて勉強しませんわな。


しかし、ソレはいいとして、またあのワケワカラン「ミクロ経済学」をやるのか。。。
しかも、今度は英語で。。。
私は、大学生のときミクロ経済学は一応履修していたのだが、あまりにも教授の声が小さいのと、言ってる意味が訳分からなかったので、切ったのだ。


まあ、今度はちゃんと勉強しますよ。。。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。