召しませ?U.S.CPA

元U.S.CPAを目指して・・・ 受験生、合格者が有意義な場所を目指して新装開店! CPAの勉強論点やTopicをA la carteでどうぞ♪

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本日のワークシートはコチラ
Consolidated5.zip
←右クリック【対象をファイルへ保存】

【I/S→S/E→B/Sの流れを思い出す】

本日で、とりあえず今回の連結処理は完了です。
どの説例も、MCで十分に聞かれるポイントですので自分で人に説明できるように1つ1つ理解していくようにしましょう。

続きを読む
スポンサーサイト
本日のワークシートはコチラ
Consolidated4.zip
←右クリック【対象をファイルへ保存】

【親子間のPP&E取引】

本日のメインテーマは親子間でPP&Eの売却をしたときにどうするかです。
親会社が使っていた設備を子会社に売る。またはその逆など実務では結構あるのでしょうか?あんまり、実務を知らないので動なのかはわかりませんが、CPAの問題としては良く出てきます。
結構、いろいろな仕訳をきることになるので、1つ1つ丁寧に意味を考えていくようにしましょう。

続きを読む
今回使うワークシートはコチラ
consolidated3.zip
←右クリック【対象をファイルへ保存】

【Intercompany Profit】

本日のトピックは、親子間取引のinventory編です。

3,
During 2005, A Company sold merchandise to B Company that originally cost A Company $15,000 and the sale was made for $20,000. On December 31, 2005, B Company’s inventory included merchandise purchased from A Company at a cost to B Company of $12,000.
4,
Also during 2005, A Company acquired $18,000 of merchandise from B Company. B Company uses a normal markup of 25% above its cost. A Company’s ending inventory includes $10,000 of the merchandise acquired from B Company.


Intercompany の取引のベースとなる考え方は、外から買ってきたものを最終的にいくらで売ったのか?です。
続きを読む
ワークシートはコチラ
consolidated.zip
←右クリック【対象をファイルへ保存】

【連結仕訳】

☆仕訳の意味を1つ1つ考える☆
さて、昨日のワークシートを使用して、A,B社の取引を考えて行きましょう。

続きを読む
【consolidated working papers】
さて、今回から具体的な連結処理についてみていくわけですが、それぞれの連結処理がどのようにB/S, I/S, Statements of Retained earningsに表示され連携するのかを確認することは、全体感を養う上で非常に有効です。
ということで、今回はA社とB社の連結処理を行う上でconsolidated working papersを使用していきたいと思います。




A COMPANY AND B COMPANY CONSOLIDATED WORKING PAPERS
Year Ended December 31, 2005
続きを読む
【M&Aの基本ステップ】
本日から、連結の詳細を見ていくのですが第1回目はその前提条件のM&Aのステップについて考えてみたいと思います。
そもそも、M&Aとは何を行っているのか?
根本の理解は、今後見ていく会計処理や仕訳の理解を非常に容易にします。というわけで基本に戻って原則から確認しましょう。


☆M&Aとは相手会社のNet Assetsを買うこと☆

続きを読む
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。